« 千駄木庵日乗十二月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十四日 »

2017年12月14日 (木)

即位の大礼と大嘗祭は、天孫降臨の繰り返しである

 

天皇が日の神の御子として國家を統治あそばされるといふ御自覚は、歴代の天皇に一貫してゐる。

 

第一一六代・桃園天皇(江戸中期)は、

 

もろおみの朕 (われ)をあふぐも 天てらす 皇御神(すめらみかみ)の 光とぞ思ふ

 

といふ御製を詠ませられてゐる。

 

 天皇が御即位の大礼において、高御座に上られ、天下万民の前にお姿を現されるお姿は、「冕冠・大袖」である。「冕冠」は、『古事談』によると、応神天皇以来のものとされ、中央に金烏を描いた放射状の日像(ひがた)を立てる。これはまさしく日の御子のお姿である。つまり即位式において、天皇が高御座に登られるのは、新しい太陽神の地上における御誕生なのである。

 

また、大嘗祭における鎮魂のみ祭りも、日の神の再生の祭りであると拝する。天皇が御即位された後初めて行はれる新嘗祭を大嘗祭といふ。大嘗祭は、全國各地から集めたお米を天照大神にお供へをして、五穀の豊饒を感謝すると共に、天皇がお供へしたお米を神と共に食される。そして天皇・神・穀物の霊が一體となる行事である。このみ祭りによって、天皇は、現御神(地上に現れた神」としての神聖性を継承され開顕される。

 

 大嘗祭は、天孫降臨の繰り返しの行事である。そもそも「まつり」とは元初(ものごとの一番始め)の行事の繰り返しである。天照大神は邇邇藝命に稲穂をお授けになって「このお米を地上にたくさん實らせ、豊葦原瑞穂の國を統治しなさい」と御命令になる。邇邇藝命は、その稲穂を奉持して、真床追衾(まとこおふふすま)に包(くる)まれて地上の高千穂の峰に天降られる。真床追衾とは、床を覆ふ夜具で、おくるみ(赤ん坊を抱く時、衣服の上からくるむもの)のやうなものである。

 

 日嗣の皇子の御魂と天照大神と神霊と稲穂の霊と一體となり、日嗣の皇子が日の御子(現御神)としての神聖性を開顕される祭祀である大嘗祭においても、天皇は真床追衾に包まれるといふ。大嘗祭によって新しい天皇が、先の天皇と同じやうに神と一體となられるのである。

 

歴代の天皇は、御肉體は変られても、「やすみししわが大君 高照らす日の御子」といふ神聖なる本質・神格は全く同じなのである。これを「歴聖一如」と申し上げる。

 

 大嘗祭は、天孫降臨といふ元初の事實の繰り返しであり、御歴代の天皇が天照大神の御神霊と一體になられるおまつりであり、天皇の神としての御資格の再生であり復活のみ祭りである。

 

|

« 千駄木庵日乗十二月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66155813

この記事へのトラックバック一覧です: 即位の大礼と大嘗祭は、天孫降臨の繰り返しである:

« 千駄木庵日乗十二月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十四日 »