« 「保守」とはなにか、「革新」とは何か | トップページ | 千駄木庵日乗十二月六日 »

2017年12月 6日 (水)

今朝思ったこと

 市川市内を流れる江戸川放水路河川敷で、カキの殻が大量に捨てられ、問題になっている。地元住民らによると、数年前からカキを採りに来る支那人が増えて以降、河川敷が大量のカキ殻で埋め尽くされるようになった。河川敷は地元住民が水辺に親しむ場にもなっており、子どもが転んでカキ殻でけがをする事例も相次いでいることから、安全確保のため国や市、地元の環境保全団体などがカキ殻を回収する対策に乗り出した。支那人は、公衆道徳を守る観念が希薄である。

 

以前にも書いたが、共産支那の王毅駐日大使(当時・現在外交部長)が何処かで講演して、小泉純一郎総理(当時)の靖国神社参拝について「隣人の嫌がることをしないのが東洋人の伝統だ」と言った。

 

冗談も休み休み言ってもらいたい。「隣人の嫌がること」を建国以来やり続けているのが共産支那である。ベトナム・チベット・東トルキスタン・韓国への軍事侵略、台湾への軍事恫喝を行ない、わが国に対しては内政干渉・資源と領土の侵害・反日暴乱・上海領事館員へのスパイ強要等々、数え上げればきりがないほど「隣人の嫌がること」をし続けて来ているのが共産支那なのだ。

 

「東洋人」などと言うが、東洋は一つの人種概念でひとくくりにできない。地域は広いし、人口は多く、多くの民族に分かれ、言語・宗教・文化は多種多様である。はっきり言って「神州清潔の民」=日本民族を共産支那政府治世下の道義を忘却した支那人と一緒にしてほしくない。

 

そもそも孔子様の説いた道徳もわが國においてより高度となり、洗練され、そして実行されている。いまの支那人は孔子の教えに反することばかりやっている。「論語読みの論知らず」という言葉あるが、『論語』を全く読んでいないのである。讀んでいても書いてあることと逆のことをしているのだ。こういうことを書くのも「ヘイトスピーチ」になるのだろうか?。

|

« 「保守」とはなにか、「革新」とは何か | トップページ | 千駄木庵日乗十二月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66127691

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝思ったこと:

« 「保守」とはなにか、「革新」とは何か | トップページ | 千駄木庵日乗十二月六日 »