« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十日 »

2017年12月10日 (日)

『政治文化情報』平成二十九年十二月号のお知らせ

四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十九年十二月号のお知らせ

 

『政治文化情報』は、昭和五十九年創刊以来、小生の論考、時局問題などに関する主張、活動状況の報告、各方面から得た様々な情報などを掲載し、それなりの評価を得て来たと自負致しております。
多くの心有る皆様方のご購読をお願い申し上げます。
見本誌御希望の方はご遠慮なくメールでお申し込み下さい。

メールアドレス m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

購読料
年間 12000
半年 6000

平成二十九年十二月号(平成二十九年十月二十五日発行)の内容

 

〈皇都の一隅より〉

明治維新と國學

 

國學は明治維新の思想的基盤であった

國學者の悲憤慷慨の思ひは「やまと歌」によって表白された

 

荷田春滿の歌

鹿持雅澄の歌

橘曙覽の歌

佐久良東雄の歌

伴林光平の歌

眞木保臣の歌

村田清風の歌

千駄木庵日乗

 

加瀬英明氏「日本は謙虚だから明治維新が成功した。日本にとって一番大切なのは天皇。國民は天皇のことを真剣に考えるようになった」

 

山田宏参院議員「天皇を中心にまとまっている國。神話が生きている國。これが一番の強み。皇室・神社・日本語が日本を支えている」

 

田母神俊雄氏「北は儲からない暴発はしない。アメリカも北を攻撃しても儲からない。日本にとって一番怖いのは中國。尖閣に侵攻する」

 

丹羽文生拓殖大學海外事情研究所准教授「い切れない。しかし個人としては台湾にシンパシーを抱いていると思う。民主党の親台派は小沢一郎幹事長によって潰された」

 

この頃詠みし歌

 

|

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66142057

この記事へのトラックバック一覧です: 『政治文化情報』平成二十九年十二月号のお知らせ:

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十日 »