« 半藤一利氏の歴史家としての見識は低劣である | トップページ | 神社神道によって仏教が圧迫され信教の自由が脅かされたなどということはなかった »

2017年11月23日 (木)

千駄木庵日乗十一月二十三日

午前は、諸事。

午後は、『政治文化情報』発送完了。

午後四時半より、外神田の万世橋区民会館にて、『第三十四回新嘗を祝ふ集ひ』開催。祭典(祝詞奏上・「古事記」天孫降臨の段奉読・三大神勅奉読・御製奉読・玉串奉奠・大祓詞奏上など)の後、稲貴夫氏が「御代替はり大嘗祭」と題して講演。この後、直会。

171123_1703

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 半藤一利氏の歴史家としての見識は低劣である | トップページ | 神社神道によって仏教が圧迫され信教の自由が脅かされたなどということはなかった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66078597

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十三日:

« 半藤一利氏の歴史家としての見識は低劣である | トップページ | 神社神道によって仏教が圧迫され信教の自由が脅かされたなどということはなかった »