« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »

2017年11月15日 (水)

愛国心・ナショナリズムと尊皇精神・國體観念

 

維新運動・愛国運動・民族運動・真正保守運動と言われてゐる運動の基本は何か。何を目的としてゐるのか。排外主義と愛国心・国粋主義とは同じなのか。ナショナリズムと日本伝統精神の関係はどうか。日本主義とは何か。具体的にどういふことを為すべきか。これは重大な問題である。

 

日本精神・日本主義・民族主義・国粋主義・愛国主義・民族精神・日本伝統精神といふやうに維新運動の基本に置く思想の名称も色々ある。それぞれ微妙な違ひがあるやうに思へる。私は、基本にあるべき思想精神は「尊皇愛国」「敬神崇祖」といふ日本伝統精神であると思ふ。

 

「愛国心」とは個人が運命共同体として結集し拡大された鞏固なる歴史的存在意識であるといはれてゐる。「愛国心」といふ言葉が使はれ出したのはおそらく明治以降であらう。「愛国心」「ナショナリズム」といふ言葉は、明治以後外国との交渉や競争が激しくなってきてから顕在化したと言へる。

 

日本民族の国を愛する心の特質は、「尊皇愛国」といふ言葉もあるやうに、萬邦無比といはれる日本國體精神即ち天皇尊崇の心と一体であるところにある。日本人における愛国心は、日本人一人一人が静かに抱き継承してきた天皇を尊崇しさらに麗しい日本の自然を愛するごく自然な心である。

 

日本人にとって愛する祖国とは本来的に「天皇の御代」即ち「君が代」なのである。これが日本の愛国心の特質である。ゆえに『国歌・君が代』こそ、最大の愛国歌と言ふことができる。日本における愛国心とは「恋闕心」(「みかどべ」を恋ふる心であり「麗しき山河即ち自然を慈しむ心」である。どちらも「愛」の極致である。

 

そして、「防人」が「大君の命かしこみ」と歌って以来、蒙古襲来の時は日本神国思想が勃興し、幕末において欧米諸国のアジア侵略を脅威と感じた時も『尊皇攘夷』が叫ばれ、明治以来大東亜戦争に至るまでの内外の危機に際して勃興したのも國體精神である。日本における愛国心・ナショナリズムは尊皇精神・國體観念と一体である。

 

大化改新・明治維新・大東亜戦争を見ても明らかなやうに、日本における変革や国難の打開は、必ず愛国心・尊皇心の興起と一体であった。最近の日本も、愛国心・ナショナリズムが勃興しつつある。そしてそれは尊皇精神。日本伝統精神と一体のものでなければならない。

 

国粋主義・愛国主義と排他主義・排外主義・民族差別とは全く異なるといふことを確認したい。我々は、中華帝国主義や北朝鮮独裁政権の我が国に対する恫喝や攻撃、韓国の反日行為・竹島選挙に対しては厳しく対峙しなければならない。しかしそれは、全ての支那人や韓国朝鮮人を敵視し差別し排除することではない。無論不良外国人・反日外国人・不法外国人は排除しなければならないが、支那人・朝鮮人だから排除し差別することではない。

 

わが民族は本来大らかにして明るい民族である。八紘一宇・四海同胞の精神は大切にしなければならない。自分の主張と異なる主張をする人に対して、「あいつは朝鮮人だ」とか「ユダヤの手先だ」とか言って攻撃する人がいるようだが、これは日本精神ではない。

 

日本民族は、古来極めて柔軟な精神・文化感覚を持ってきた。大らかに外来文化・文明を包容摂取してきた。しかしその根底には、強靭なる国粋精神・民族精神・伝統精神があった。だからこそ、柔軟に外来文化を摂取しそれ日本化し洗練し高度なものにしてきたのである。

 

しかし、天皇を君主・祭り主と仰ぐ日本國體を破壊せんとする者共は、決してこれを許してはならない。また、我が国の主権・領土を侵し、日本国民に害を及ぼす勢力に対しては、厳しく対峙しなければならない。これは当然のことである。笹川良一氏は、「世界は一家、人類は兄弟」と言はれたが、その一方で、「戸締り用心、火の用心」とも言はれた。理想と現実というものはよくよくわきまえなければならないといふことである。

 

有志による韓国・支那糾弾活動における行き過ぎだ言動ばかりが批判されてゐるやうだ。しかしこれはあまりにも一方的である。ソウルや北京・上海などで行はれる反日デモにおいて、天皇陛下の御真影、日本の政府要人の写真、そしてわが国の国旗を焼いたり踏みつけたりする行為をしてゐる。品格の無い行動をしてゐるのは心無い韓国民・支那国民であることを忘却してはならない。

 

また、現実に我が国にミサイル向け、我が国を侵略せんとし、我が国の主権を侵害し、固有の領土を不法占拠し、我が国民を拉致してゐるのは支那・韓国・北朝鮮であることを忘却してはならない。「暴虐支那・韓国・北朝鮮」に対して厳しく対峙しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66044717

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国心・ナショナリズムと尊皇精神・國體観念:

« 千駄木庵日乗十一月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十五日 »