« 千駄木庵日乗十月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十九日 »

2017年10月18日 (水)

立憲民主・社民・共産を政治の世界から排除すべし

すでこの欄に掲載した主張をまとめたものですが、本日私が行ったこの度の総選挙に関する私の考えを語ったスピーチの草稿を掲載します。

             〇

偏向メディアは、共産・社民両党を繰り返し「リベラル」と報道している。「リベラル」という言葉は、定義が全く曖昧だ。独裁専制国家共産支那・北朝鮮を結果的に利する立場を取る政治勢力・政治家を「リベラル」と呼ぶ全く間違っている。

 

「リベラル」とは一体何なのか。共産党の志位も小池も「リベラル」という言葉を口にしないと思う。

 

社会主義・共産主義は、国民の自由を圧殺し、権力による統制国家・専制独裁国家を建設した思想である。実際にロシア・共産支那・北朝鮮などの社会主義・共産主義国家はそういう国家である。

 

中国共産党・朝鮮労働党は、世界の中でもっとも「自由」を圧殺している政党である。日本共産党・社民党は中国共産党・朝鮮労働党と同根である。この二つの政党は、戦後一貫して北朝鮮・共産支那と「友好関係」「兄弟関係」にあり続けてきた。だから自民党政権やアメリカに対しては激しく非難攻撃しても、共産支那・北朝鮮の独裁政治、強権政治・民衆圧迫・軍事侵略についてはあまり批判しない。偏向メディア・共産党・社民党(旧社会党)は、戦後一貫して共産支那・北朝鮮の手先であったが、今もそうなのである。まさに排除すべきである。

 

リベラル=自由を圧殺する社会主義共産主義政党を「リベラル」などと言うのは全く間違っている。と言うよりも偏向メディアに巣食っている共産主義者・社会主義者の謀略・情報操作である。

 

報道によると、枝野幸男氏は「私は日本国民の生活の安心、立憲主義、民主主義、自由な社会を守っていくために立憲民主党を結成することを決意した」と語った。

 

てあるならば立憲民主党は、「民主主義、自由な社会」を破壊する左翼全体主義集団すなわち共産・社民とは共闘できないどころか、これを敵として戦わねばならないはずである。しかし、そうではないのは、立憲民主党も共産・社民と同質なのである。 

 

「保守」「革新」という区別があるが、これも定義がまことに曖昧だ。「保守」と言っても「現状維持」戦後体制擁護」という「保守」と、「國體護持」「戦後体制打倒」という「保守」がある。

 

近年は「真正保守」という言葉が出てきた。「天皇を祭祀主と仰ぐ信仰共同体日本の國體」を守るのが真の保守である。それを「真正保守」と言うと思う。また、歴史問題で自虐的な思想を抱いていないことも大切である。

 

国防問題や外交問題でまともなことを言っている政治家でも、肝心要の國體や歴史問題で、全く期待を裏切るようなことを言う人がいる。実に困ったことである。

 

尊皇精神を保持し、日本の傳統精神を重んじる政治家は、国防・安保・教育・憲法などのことでも正統な主張をする。ところが、尊皇精神が希薄で、日本の傳統精神について正しい理解がなく、歴史観もおかしい人は、他の事でもおかしな主張をする。また権力型政治家が多い。

 

今度の選挙について言えば、いろいろ不満はあっても、國體護持政党を支持する以外にない。亡国政党・利敵政党に政権を取らせてはならないと考える。

 

また国難に対処する国家体制の強靭化ということを考えれば、ブームや風に乗って政治家になろうという人たちに政権を委ねることはできない。となると、やはり自民党に入れるしかない。

 

小池百合子さんが、民進左派を排除したことを高く評価する。

しかし、小池さんが衆議院議員にならないのだから、小池さんが代表を務める政党が政権を掌握しても、小池さんが総理大臣になることはできない。防衛大臣・外務大臣にもなることはできない。また小池新党で当選する人々がどういう人たちか全くわからないし、政治経験が未熟な人も多いであろう。それでは、国難の時期に強力なる政府を作ることはできない。

 

従って、今度の選挙で小池新党に票を入れることは出来ない。色々不満はあっても、自民党に入れるしかない。

 

ともかく立憲民主・社民・共産を政治の世界から排除することが大切である。

|

« 千駄木庵日乗十月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65933729

この記事へのトラックバック一覧です: 立憲民主・社民・共産を政治の世界から排除すべし:

« 千駄木庵日乗十月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十九日 »