« 千駄木庵日乗十月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

2017年10月 7日 (土)

明治維新、尊皇討幕運動は水戸藩の「尊皇攘夷思想」から発した

「安政の大獄」によって断罪されたのは吉田松陰・梅田雲濱・橋本左内といふ勤皇の志士思想家だけでなかった。「大獄」によって福井藩主松平春嶽公・水戸藩主徳川齊昭公も処断されたのである。さらに、永井尚志、岩瀬忠震、川路聖謨、大久保忠寛、水野忠徳という有能な幕府官僚もその職を追はれた。

 

幕末における水戸藩の「尊皇攘夷思想」が端的に書かれた文章を紹介する。

 

天保十四年に、福井藩主松平春嶽公に対して、水戸藩主徳川齊昭公が示した「治国」についての文章には「一、国守身持心得方之事、天朝公辺への忠節を心懸、内は士民撫育之世話、外は夷狄奸賊防禦之手当為肝要候」と書かれてゐる。

 

国守即ち藩主として、朝廷・幕府へ忠節を尽くすこと、藩士と領民の面倒をよく見ること、そして外敵の侵略に対して国土を守る備えをすべきことを論じている。徳川斉昭は決して一部の歴史が言う「狂信的に攘夷論者」ではなかった。

 

明治維新における水戸烈公と松平春嶽公の貢献は非常に大きかった。しかも水戸藩は御三家の一つ、福井藩は徳川家康の長男と松平秀康を藩祖とする親藩筆頭である。

 

水戸学の泰斗・藤田東湖が、主君・徳川齊昭に奉った文章で次のやうに論じてゐる。

「先づは関東の弊風にて、日光等さへ御立派に候へば、山陵はいか様にても嘆き候者も少なき姿に御座候、…日光御門主〈輪王寺宮〉を平日御手に御附け遊ばされ、万一の節は、忽ち南北朝の勢をなし候意味、叡山へ対し東叡山御建立、其の外禁中諸法度等の意味、実に言語を絶し嘆かはしき次第、右等を以て相考へ候へば、京所司代などは、以心伝心の心得ぶり、密かに相傳り仕り候かも計りがたく、実意を考へつめて候へば、一日も寝席を安んじかね候次第」。

 

徳川幕府の朝廷への不敬を厳しく糾弾した文章である。こうした正統なる尊皇精神が徳川御三家の一つ水戸徳川家に存したということは実に以て驚くべき事である。明治維新、尊皇討幕運動は水戸藩の「尊皇攘夷思想」から発したのである。

|

« 千駄木庵日乗十月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65883163

この記事へのトラックバック一覧です: 明治維新、尊皇討幕運動は水戸藩の「尊皇攘夷思想」から発した:

« 千駄木庵日乗十月六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »