« 江戸時代においても尊皇思想の道統は脈々と受け継がれてゐた | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »

2017年9月26日 (火)

サヨクは北朝鮮の手先・協力者

民進左派・社民・共産そして偏向メディアは、「戦争は良くない」とか「人殺し」は良くないとか言って「平和憲法を守れ」とか言っている。『九条の会』とかいうのも存在する。

 

共産党と社民党(旧社会党)は、国際テロ国家でありわが国国民を拉致した人さらい国家である北朝鮮と緊密な関係にあった国である。そのような政党が、「平和」や「人命」を語る資格は毛筋の横幅ほどもない。

 

私の学生時代、すなわち昭和四十年代前半、民主青年同盟という共産党の青年組織が学校の内外で活発な運動を展開していた。彼等は、北朝鮮を理想国家のように宣伝していた。そして北朝鮮の歌曲「イムジン河」というのを盛んに歌っていた。歯の浮くような北朝鮮礼賛の歌であった。また日本共産党は、北朝鮮を「地上の楽園」であるかのごとく宣伝し在日朝鮮人の北朝鮮帰国運動に全面的に協力した。

 

共産党・社民党は、北朝鮮の脅威について「話し合いによる平和的解決」を主張している。そう思うのなら、志位なり不破なり福島なりが北朝鮮に行って、北朝鮮の核実験・ミサイル発射に抗議し、止めさせればいいではないか。

 

社民党は、社会党時代から朝鮮労働党と「友党関係」にあり、北朝鮮礼賛を繰り返しその手先となっていた。社民党・土井たか子は、拉致問題を無視してきただけではなく否定してきた。社民党は、拉致の事実が明らかになった後も日本人拉致事件を「荒唐無稽」「新しく創作された事件」などと否定していた。そして社民党は機関紙で北朝鮮による拉致事件を、「(韓国)安企部の脚本、産経(新聞)の脚色によるデッチあげ」、「日本政府に北朝鮮への食糧支援をさせないことを狙いとして、最近になって考え出され発表された」などと主張し(平成九年七月号)、一貫して北朝鮮を擁護し続けてきた。

 

アメリカと日本の防衛協力、わが國の防衛力拡充には猛烈に反対する偏向メディア、社民共産両党、そして反戦平和運動屋とそれに踊らされている無知な人々は、共産支那・北朝鮮には一切抗議はしない。彼らは実質的に北朝鮮・共産支那の手先であり協力者なのだ。

|

« 江戸時代においても尊皇思想の道統は脈々と受け継がれてゐた | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65839609

この記事へのトラックバック一覧です: サヨクは北朝鮮の手先・協力者:

« 江戸時代においても尊皇思想の道統は脈々と受け継がれてゐた | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十六日 »