« 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』 第二十七号 »

2017年8月 9日 (水)

「安岡教学研究会」第一八八回定例会

「安岡教学研究会」第一八八回定例会

 

 

 

演題『萬葉集と日本のこころ』

 

 

 

講師四宮政治文化研究所 代表 四 宮 正 貴

 

 

 

日時 平成二九年九月一九日(火)午後七時~八時四〇分

 

 

 

会場 横浜市技能文化会館 八階八〇一研修室  電話045-681-6551

 

JR京浜東北 根岸線・関内駅 南口より徒歩五分 横浜市営地下鉄 ブルーライン 伊勢佐木長者町駅出口2より徒歩三分

 

 

 

会費 一般二四〇〇円 学生五〇〇円

 

 

 

 定例会終了後の講師を囲んでの懇親会(自由参加)にご参加をご希望の方は、会場予約の都合上、必ず事前にお申し出ください。会費は当日会場にてお支払いをお願いいたします。懇親会参加費は三千円です。会場は当文化会館地下の居酒屋 匠(たくみ)です。

 

会員同士、講師を囲んで楽しく語らいながら懇親をはかりましょう!ご参加を希望される方は事前にお申し込みください。

 

|

« 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』 第二十七号 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65644226

この記事へのトラックバック一覧です: 「安岡教学研究会」第一八八回定例会:

« 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』 第二十七号 »