« 天皇の「祭祀」「無私の大御心」が日本國民の道義の規範 | トップページ | 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である »

2017年8月 9日 (水)

千駄木庵日乗八月八日

午前は、諸事。

 

午後は、原稿執筆。

 

午後四時より、虎ノ門の笹川平和財団ビルにて、『笹川平和財団主催・イランイスラム共和国外務省事務次官来日記念講演会「中東情勢とイランの新たな役割」』開催。セイエッド・アッバス・アラグチ外務省事務次官(法務・国際問題担当)が講演。活発な質疑応答が行われた。

 

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 天皇の「祭祀」「無私の大御心」が日本國民の道義の規範 | トップページ | 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65641216

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月八日:

« 天皇の「祭祀」「無私の大御心」が日本國民の道義の規範 | トップページ | 統治者としての天皇の御本姿を回復することが復古即革新=維新である »