« 千駄木庵日乗八月十二日 | トップページ | 終戦記念日に思う―東京裁判史観・自虐史観を徹底的に排除すべし »

2017年8月12日 (土)

欺瞞的「反戦平和運動」を殲滅しなければならない

「北朝鮮の 核には一切 抗議せぬ 「反核・反戦平和」の 欺瞞を憎む」

 

今日詠んだ拙歌です。

「反戦平和」を標榜する運動は今も活発である。彼らは、新安保法制反対闘争・米軍基地反対闘争・核兵器反対運動・反自衛隊運動などを行ってきたが、共産支那・北朝鮮の核兵器に対しては一切抗議運動を展開しない。共産支那・北朝鮮の軍事侵略に対しても何の抗議も行はない。日本の安全と独立を守る運動のやうに見せかけて、實は意識するとせざるとにかかはらず共産支那・北朝鮮の侵略を助けてゐるのだ。

 

民進・社民・共産・偏向メディアの「反戦平和運動」は、共産支那・北朝鮮のわが國及び全アジアに対する侵略支配を實現に協力して来たのである。共産支那・北朝鮮の手先となって日本の安全・独立・自由・繁栄を脅かしてゐるのだ。

 

戦後ずっと行はれて来た左翼勢力の「反戦平和運動」の本質は、支那事変・日米戦争を煽りつつ實は「社會主義の祖國・ソ連」を守り、アジア赤化を實現せんとした風見章・尾崎秀實そして朝日新聞などの旧ソ連の手先と全く同じである。共産支那・北朝鮮の軍事的圧迫にさらされてゐる今日のわが祖國日本は、歴史に學び、侵略國家の謀略にはまることなく、祖國の独立と平和と自由を守り抜かねばならない。そして欺瞞的「反戦平和運動」を殲滅しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗八月十二日 | トップページ | 終戦記念日に思う―東京裁判史観・自虐史観を徹底的に排除すべし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65656640

この記事へのトラックバック一覧です: 欺瞞的「反戦平和運動」を殲滅しなければならない:

« 千駄木庵日乗八月十二日 | トップページ | 終戦記念日に思う―東京裁判史観・自虐史観を徹底的に排除すべし »