« 千駄木庵日乗八月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十日 »

2017年8月10日 (木)

この頃詠みし歌

肉体の衰へ知らず生きて行け生きて行けとぞ自()に言ひ聞かす

 

再びは逢ひ得ぬ友の多ければ人との縁(えにし)のはかなさを思ふ

 

エレベーターで何時も会ひたる老婦人 施設に移りしと聞くはさみしき

 

今日もまた参り来たりし観音堂 鬱蒼として夏の葉繁る

 

父母を思ひ出しつつ参拝す 父母が守り来し小さき御堂を

 

赤き薔薇萎れて醜くなりにけり買ひ求めしより三日目にして

 

道に逢ふ笑顔の幼子これからの生き行く道の幸を祈れり

 

おいしい物を贈りくれたる友の顔 菩薩の如く浮かび来るかも

 

久しぶりに電話にて聞く友の声 明るく弾むその声ぞ良し

 

夏の日の夕暮れ時を歩み行く何時もと同じ街眺めつつ

 

挨拶を交はす人も今日は無く夕暮時の街を歩めり

 

とてもとても和歌とはいへぬしろものを讀むに堪へがたき『角川短歌』

 

一日の務めはたして夜の更けに机に向かひ日記つけゐる

 

今日もまた恙なく過ごせば父母(ちちはは)の遺影に向かひ手を合はせたり

 

われをしも護りたまへる父母(ちちはは)の御霊に向かひ経誦するかも

 

大いなる神の御手に護られて日日(にちにち)過ごす有難さかな

 

明日もまた酷暑の中で仕事して佳き一日を過ごさんと思ふ

|

« 千駄木庵日乗八月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65644922

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗八月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十日 »