« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

2017年8月16日 (水)

許し難い祖国解体を目的とする偽装運動

昨日も書きましたが、偏向マスコミや似非平和運動屋たちは、日本・アメリカなどの戦争行為・歴史問題・人権問題に対しては、根掘り葉掘りあることないことがなり立てますが、旧ソ連・共産支那・北朝鮮の戦争行為・歴史問題・人権問題に対しては、そのようなことはしません。左翼勢力が支那大使館や朝鮮総連に対してデモを行ったことなど一回もありません。彼らの平和運動・人権運動・歴史問題への取り組みは、支那北朝鮮の手先として祖国解体を目的とする偽装運動なのであります。

彼らは日本軍の戦時中のことを野良犬のように嗅ぎ回って問題にします。ところソ連ロシアによるわが同胞殺戮・強姦・シベリアへの拉致・十万人以上の大量殺戮、満洲・朝鮮北部・樺太千島侵略、そして共産支那の自国民虐殺、チベット・東トルキスタン・内蒙古侵略支配はあまり問題にしません。こういう者共を売国奴と言わずして何と言うのでしょうか。

戦後のいわゆる「反戦反核平和運動」そしてテレ朝・朝日新聞・NHKなどの反日メディアは、ずっとそういう姿勢を貫いてきました。断じて許し難いと思います。

|

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65673070

この記事へのトラックバック一覧です: 許し難い祖国解体を目的とする偽装運動:

« 千駄木庵日乗八月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十七日 »