« 天皇を祭祀主・君主と仰ぐ日本國體を隠蔽する一切の事象を祓い清めねばならない | トップページ | 千駄木庵日乗七月一日 »

2017年7月 1日 (土)

田久保忠衛杏林大学名誉教授による「トランプ政権下 日米関係の今後を考える」と題する講演内容

二月二十に開催された『アジア問題懇話会』における田久保忠衛杏林大学名誉教授による「トランプ政権下 日米関係の今後を考える」と題する講演内容は次の通り。

 

「アメリカは、アメリカ第一主義・保護主義・孤立主義で内に向かっていくのではないか。国際機関になるべく関係しないようになる。EUから脱退したイギリスはその大きな傾向。アメリカと欧州で起こっていることは共通点がある。トランプはイギリスのEU脱退に賛成。

 

オバマの失敗で全てトランプの方に向いてしまった。オバマドクトリンは何もしないドクトリン。二期目は何もコミットメントしなかった。『世界の警察官にならない』と言ってシリアに介入しなかった。その結果、シリア系難民が出来てドイツに入ってきた。難民の玉突きの一発はオバマが何もしなかったこと。オバマが何もしなかったことが今日の混乱を招いた原因。

 

アメリカの戦後の大統領、トルーマンからニクソンまで、良いか悪いかは別として、自由民主主義・人権という普遍的価値を掲げて前進し血を流してきた。日本は血を流していない。『金は要らない血を流せ』と言われたらどうするのか。

 

この前の大統領選くらいみっともない大統領選は見たことなし。政策論争があっただろうか。クリントンは罪が深い。国務長官の時、メールを公私の別なく何万通使用した。クリントンファウンデーションの基金にどういうお金が入っているのか明らかになる前に選挙が始まってしまった。公私の区別が無かった。この巨大なしこりが残っている。

 

トランプ政権の政治的不安定は当分続くと思っている。政権移行チームに娘・娘婿・次男・三男の五人の親族を入れた。娘婿が大統領特別顧問。ユダヤ系不動産業者。ホワイトハウスは混乱。ケネディは末弟を司法長官にした。

 

政策は親露反中になると皆が言っている。トランプは『自分が尊敬する人物はプーチン』と言った。大統領補佐官は『人類にとって最大の敵は国際テロリスト。テロとの戦いでロシアと手を結ぶ』と言った。アメリカは反中国で一致しているというのはどうかなと思う。トランプは日本と中国をうまく操ろうとしている。トランプは中国に対してやわらかいシグナルの方を多く出している。トランプは同盟国と敵対国の差別がない。

 

安倍さんは『独立自尊の道義国家』を唱えれば良い意味で日本第一になる。日本のモラルを高らかに掲げると宣言したらいい」。

|

« 天皇を祭祀主・君主と仰ぐ日本國體を隠蔽する一切の事象を祓い清めねばならない | トップページ | 千駄木庵日乗七月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65482011

この記事へのトラックバック一覧です: 田久保忠衛杏林大学名誉教授による「トランプ政権下 日米関係の今後を考える」と題する講演内容:

« 天皇を祭祀主・君主と仰ぐ日本國體を隠蔽する一切の事象を祓い清めねばならない | トップページ | 千駄木庵日乗七月一日 »