« 國防が「解釈改憲」で成り立っている状況は何としても是正されるべし | トップページ | 『現行憲法』の「基本的人権の尊重」について »

2017年6月15日 (木)

千駄木庵日乗六月十四日

午前は、諸事。

午後二時より、永田町の参議院議員会館にて、山東昭子参院議員にインタビュー。『伝統と革新』誌に掲載のためなり。

いったん帰宅。

午後六時半より、駒込地域文化創造館にて、「萬葉古代史研究会」開催。小生が山上憶良の長歌を講義。活発な質疑応答が行われた。

終了後、出席者と懇談。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

               ○

議員会館の前の道路で、左翼の活動家だちが宣伝活動を行っていた。数台の街宣車を停め、シュプレヒコールをがなり立てていた。通行することが困難な状態。仕方がないので議員会館に敷地内を歩くしかない。なぜこのようなことが許されるのであろうか。右翼民族派の街宣車は国会近くに近づくこともできない。左翼に許されるのは「法の下の平等」の原則に反する。おかしなことだ。

|

« 國防が「解釈改憲」で成り立っている状況は何としても是正されるべし | トップページ | 『現行憲法』の「基本的人権の尊重」について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65412365

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十四日:

« 國防が「解釈改憲」で成り立っている状況は何としても是正されるべし | トップページ | 『現行憲法』の「基本的人権の尊重」について »