« 「現行占領憲法」の「平和と民主主義」は、『敗者の思想』『弱者の思想』である | トップページ | 精神性を重視した世界観・文明観の確立と神道精神 »

2017年6月19日 (月)

千駄木庵日乗六月十九日

午前は、諸事。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆。

夕刻、谷中三崎坂にて、偶然に出会った国文学者ご夫妻と懇談。二松学舎で教えを受けた懐かしい恩師のことなどが話題になる。

団子坂下にて、広報活動をしておられた自民党都議会議員・区議会議員の方々と出会う。文京区は共産党の活動は活発だが、自民党はどうも動きが鈍いように思う。二議席を三人で争う激戦が展開する。自民党を創価学会が支持するかどうかが問題。民進党にいた人は小池新党に入った。

帰宅後は、『政治文化情報』発送準備など。

|

« 「現行占領憲法」の「平和と民主主義」は、『敗者の思想』『弱者の思想』である | トップページ | 精神性を重視した世界観・文明観の確立と神道精神 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65433392

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十九日:

« 「現行占領憲法」の「平和と民主主義」は、『敗者の思想』『弱者の思想』である | トップページ | 精神性を重視した世界観・文明観の確立と神道精神 »