« 天岩戸神話について | トップページ | 楠公の絶対尊皇精神について »

2017年5月25日 (木)

千駄木庵日乗五月二十五日

午前は、諸事。

午後は、日曜日に行われる『日本の心を学ぶ会』における講義の準備。

午後四時半より、乃木神社尚武館にて、犬塚博英氏が「大楠公に学ぶ『承詔必謹』『尊皇絶対』観」と題して講演。午後六時より、『楠公祭』執行。祭詞奏上・祈願詞奏上、「櫻井の訣別」斉唱、玉串奉奠、「海ゆかば」斉唱などが行われた。最後に、祭主である犬塚博英氏が挨拶。司会は横山孝平氏が務めた。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 天岩戸神話について | トップページ | 楠公の絶対尊皇精神について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65328388

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十五日:

« 天岩戸神話について | トップページ | 楠公の絶対尊皇精神について »