« 「憲法守って國滅ぶ」という言葉が現実のものとな.る危険 | トップページ | 宗教と科學技術、傳統と革新の調和は日本において達成できる »

2017年5月17日 (水)

千駄木庵日乗五月十七日

午前は、諸事。

午後二時より、三田の駐健保会館にて、『大行社幹部会』開催。顧問の一人としてスピーチ。憲法第九条について語りました。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆、資料の整理。

|

« 「憲法守って國滅ぶ」という言葉が現実のものとな.る危険 | トップページ | 宗教と科學技術、傳統と革新の調和は日本において達成できる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65292569

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十七日:

« 「憲法守って國滅ぶ」という言葉が現実のものとな.る危険 | トップページ | 宗教と科學技術、傳統と革新の調和は日本において達成できる »