« 「現行占領憲法」廃止あるいは無効確認を断行する状況を作り上げるべきである | トップページ | 自衛隊を國軍として正しく規定し、國家には独立と安全を保つために自衛権・交戦権を有すると明確に憲法に規定すべきである »

2017年5月13日 (土)

千駄木庵日乗五月十三日

午前は、諸事。

午後二時より、内幸町の日本プレンセンターにて、『アジア問題懇話会』開催。澤英武が司会。金田秀昭氏(岡崎研究所理事・元海将)が「習政権下の中国の海洋覇権戦略」と題して講演。活発な質疑応答が行われた。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。

|

« 「現行占領憲法」廃止あるいは無効確認を断行する状況を作り上げるべきである | トップページ | 自衛隊を國軍として正しく規定し、國家には独立と安全を保つために自衛権・交戦権を有すると明確に憲法に規定すべきである »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65275695

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十三日:

« 「現行占領憲法」廃止あるいは無効確認を断行する状況を作り上げるべきである | トップページ | 自衛隊を國軍として正しく規定し、國家には独立と安全を保つために自衛権・交戦権を有すると明確に憲法に規定すべきである »