« 千駄木庵日乗四月十二日 | トップページ | 今日思ったこと »

2017年4月13日 (木)

日本伝統信仰と現代の危機の打開

 

 

 

自然の生命の循環と全ての生きるものの相互扶助の不思議な原理を生活の中で体験する農耕民族たる日本民族の信仰精神が、世界の真の平和を作り出す可能性が高い。一切の自然や人に神が宿るという大らかにして健全なる信仰精神たる日本伝統精神が、世界を救い、統合し融和して調和すると考える。

 

自然に抵抗し、自然と戦はなければ、人間生活を維持できない厳しい自然環境に生活する人々は、様々な論理や分析を必要とした。そして厳しい自然環境にあって、人間が穏やかで繁栄した生活を営むためには、自然を作り変え、改造しなければならない状況にあった。

 

自然と対決し戦い、自然に打ち勝たねばならない厳しい自然環境の中東半島のようなところに生きる人々は、経験的知恵や合理的知識・分析・説明が不可欠であった。そこで、多くの教条教義を作り出した。また、自然と戦う武器や技術を必要とした。

 

中東に生まれた一神教(ユダヤ教・キリスト教・回教)は、そういった環境と生活から生まれた宗教であるから、現実をそのまま肯定し自然に随順し自然そのものを神として拝むなどということはない。そして「エホバ」という唯一絶対神を信じ、ある特定のすぐれた人物の説く教義を信じ、その人物を崇拝する。そしてその他の神や教えを排撃する。そして過去においてのみならず今日ただ今も宗教戦争をくり返している。

 

また近代社會を混乱に陥れ、限りない闘争と破壊を起し、自然を破壊してきた思想が、西洋近代の科学的合理主義というイデオロギーである。これを超克し是正するものが、日本の傳統精神である。日本傳統精神は、「合理的なものの考え方」を否定するのではなく、その欠陥を補うのである。

 

歴史や自然を対立的にとらえて、論理や教条を振り回して自然や宇宙や人生や歴史の本質を説き明かそうなどという不遜な考えは持たなかった古代日本人の基本的な姿勢を、現代において甦らせることが必要なのである。

 

近年、「グローバリゼーションの時代」などといわれてきたが、最近は世界各地でそれに反発する動きが高まっている。日本民族は主體性・誇りを喪失することなく、且つ、偏狭な排外主義的と独善に陥ることなく、外来文化文明を受容して来た。これはわが民族の優れた特性であり歴史である。

 

日本伝統信仰の祭祀は、明るく平和的な行事である。動物や人間を生贄として神に捧げる事はしない。わが國民が祭りが好きである。これは、日本人が本来明るい平和的精神を持っているということである。日本民族は本来的に残虐でもないし、厭世的でもなければ逃避的でもない。また排他的でもない。それがわが國民性である。いかなる困難も罪穢も神を祭ることによってこれを打開し祓い清めることができると信じ続けてきている。

 

この「祭祀」の精神が、戦争・闘争テロが繰り返され、自然は破壊され、人の命は軽視される現代を救済し打開する原理となると考える。

 

また「祭祀」の精神が、自然を破壊し人の命を軽んずる現代の状況を救済し打開する原理となると考える。今日の国難打開は、祭祀の精神の復興がその原基である。

 

世界各地で凄まじいテロが続発している。今こそ、日本傳統精神よって強いもの勝ちの覇道精神を反省し訂正せしめるべきである。日本伝統信仰の「祭祀」の精神が、戦争・闘争テロが繰り返され、自然は破壊され、人の命は軽視される現代を救済し打開する原理となる。

 

今日の危機打開は、祭祀の精神の復興がその原基である。天孫降臨の精神=稲穂による統治といふ絶対平和の精神が重大な意味を持つと確信する。

 

|

« 千駄木庵日乗四月十二日 | トップページ | 今日思ったこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65143099

この記事へのトラックバック一覧です: 日本伝統信仰と現代の危機の打開:

« 千駄木庵日乗四月十二日 | トップページ | 今日思ったこと »