« 今日における『大アジア主義』とは | トップページ | 千駄木庵日乗四月十六日 »

2017年4月16日 (日)

『伝統と革新』最新号

オピニオン雑誌『傳統と革新』第二十五号 

平成二十九年春号 たちばな出版発行(四宮正貴責任編集

特集 世界維新への道―対立が激化する世界情勢と日本文明の使命―

...

「巻頭言」日本國體精神恢弘による 真の世界平和=維新の實現        四宮正貴 

『インンタビュー」
「明治百五十年」に向けて 新しい國造りへの意気込みを取り戻す       石破 茂  

「リ・ナショナリゼーション」という時代の潮流を見すえて、 冷静に國の進路を見極める          
中西輝政

「自主独立」「自主防衛」を目指すための歴史認識               西部 邁  

歴史を直視し、わが足元から「平和」を築いていく主体性を          有村治子  

〈佐藤優の視点〉「金正男の暗殺」についての 分析と考察           佐藤 優
  
〝世界の維新〞は、普遍的で根源的な「復古」に通ず             西村眞悟
  
日本の「外交」を考える前にすべきこと                    東谷 暁
  
國家の盛衰は人次第 ―トルコの例                   佐々木良昭 

「進歩」の終わった時代に                         佐藤健志
 
明治のグローバリズムと八紘一宇                     相澤宏明
 
アメリカの時代の終わり、 そして日本の世界への使命 葦津珍彦を読み直す 三浦小太郎

「聞き書き」また外交的失敗の繰り返し メディアが國を衰退させていく    上杉 隆  

「提言・直言」
日本文明が、文明同士の衝突する世界で果たす役割            海江田万里 
我が國の世界的使命を再確認して、共存共栄の世界に邁進する時が来た    北神圭朗  

混迷の世界で果たすべき日本の責務は「和」 の 世界ビジョンの提案ではないか 山田 宏
 
日本独立の達成は世界維新の大前提! 〜日露平和条約締結は、戦後体制克服の一歩だ〜          
木村三浩
 
連載 我が体験的維新運動史第二五回 護國の英霊、靖國の大神に草莽の誠を捧げる                   
犬塚博英

連載『やまと歌の心』                        千駄木庵主人

連載「石垣島便り」―愛犬の死に、改めて「防人」の役割を思い、 体力づくりに励む毎日     
中尾秀一
 
 定価 本体価格1000円+税。 168頁
〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル
 たちばな出版  代表03―5941―2341 FAX5941―2348

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル

いいね!他のリアクションを見る
コメントする

|

« 今日における『大アジア主義』とは | トップページ | 千駄木庵日乗四月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65155573

この記事へのトラックバック一覧です: 『伝統と革新』最新号:

« 今日における『大アジア主義』とは | トップページ | 千駄木庵日乗四月十六日 »