« 小堀桂一郎氏の「教育勅語」に関する卓見 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »

2017年4月18日 (火)

今日思ったこと

民進党などの亡国野党は、北朝鮮によるミサイル攻撃の危機に対して、何ら具体的方策を示していない。反日偏向メディアは不安を煽るばかりで、やはり何の具体的方策を示さない。そればかりではなく、テロ防止・治安維持・国家防衛のための法整備国防安保体制強化に対して狂気の如く反対してきた。そして日本会議問題・森友問題・閣僚の失言に関してまるで天地がひっくり返るような大騒ぎをして安倍総理夫妻や自民党政府を糾弾し、「一強体制を撃ち破る」とか言って、政府攻撃に終始している。全く国家の安全よりも政府転覆の方が大事なのである。

 

我々は北朝鮮、共産支那という外敵そして亡国野党偏向メディアという内なる敵に対して、毅然として戦いを挑まねばならない。それは安倍政権を擁護するためではない。国家民族の安全を守るためである。

 

日本が核武装していれば北朝鮮も支那も日本に軍事的恫喝を加えることはできないのである。日本の核武装を急ぐべきだ。それが達成できるまでは、アメリカとの軍事的協力しか日本の安全を守る方策は残念ながら無いのである。わが国が攻撃される前に敵を叩き潰すべきと思う。その時期と方法は、日米両軍の判断によるであろう。

|

« 小堀桂一郎氏の「教育勅語」に関する卓見 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65166421

この記事へのトラックバック一覧です: 今日思ったこと:

« 小堀桂一郎氏の「教育勅語」に関する卓見 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十八日 »