« 日本伝統信仰と現代の危機の打開 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十三日 »

2017年4月13日 (木)

今日思ったこと

日本という国は何という国でしょう。国家的危機であるというのに、一学校法人の不祥事で大騒ぎ、そしてスケート選手の引退でも大騒ぎしています。これはメディアの姿勢が全くおかしいからです。

 

民進党は、学校法人問題で、安倍政権を責め立て、政治を混乱させて、政権を奪取せんとしているのであります。しかし、そうは問屋がおろさず、民進党の支持率は低迷したままです。また都議会では離党議員が相次いでいます。国会でも、長島昭久氏が離党しました。

 

社民・共産両党を含めた連合政権ができたら、日本はどうなるのでしようか。対外関係だけに限っても、支那と北朝鮮による我が国への軍事的政治的圧迫をはねのけることはできなくなります。民進・社民・共産の連立政権は何としても阻止しなければなりません。

 

日本国の政治が混迷し不安定になれば一番喜ぶのは誰かを本当に真剣に考えるべきであります。日本は支那の属国になり、軍事的政治的支配下に置かれることとなります。志位・辻元・福島などという輩が政府閣僚になっている姿を想像するだけでゾッとします。

 

|

« 日本伝統信仰と現代の危機の打開 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65144285

この記事へのトラックバック一覧です: 今日思ったこと:

« 日本伝統信仰と現代の危機の打開 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十三日 »