« 黄文雄拓殖大学日本文化研究所客員教授による「日本を中心とした対米中印露の情勢」と題する講演内容 | トップページ | 今日思ったこと »

2017年4月19日 (水)

日本は強靭にそして柔軟に生きて行くことが大切

今日はからりと晴れあがり、気温も高く、初夏到来と言った感じです。桜の花も散り果て、銀杏の葉は青々と大きくなりつつあります。四季の変化というのは本当に不思議です。

 

わが国は、湿度が高く、緑が多く、水も清らかです。台風が来て多くの被害をもたらしますが、地上の穢れを祓い清める働きをします。そして台風一過の晴天に恵まれます。さらに、火山の噴火や地震がよく起ります。

 

日本人は自然を敵とすることなく、自然とよく調和して生きてきました。台風や地震などの自然の猛威に対してすらそれによく耐え忍んで生きてきました。

 

このようなわが國の風土が、日本人の柔軟にして強靭な精神力そして清潔さを好む性格を生んだと思います。

 

大東亜戦争の敗北という建国以来の大きな苦難を経験しましたが、短期間で力強く復興を遂げました。これも日本人が風土の中から培ってきた力によるものと思います。日本人は自然と対立し自然を憎むということはあまりないと思います。

 

終戦の時は、「敗戦」を「終戦」、「占領軍」を「進駐軍」、「隷属の下」を「制限の下」などと言い換えました。そして敗者の悲哀をいくらかでも払いのけたと思います。これは、神話の世界からの伝統である「告り直し」「言い直し」「聞き直し」であると思います。

 

また、戦争ではアメリカから大変な仕打ちを受けましたが、戦争が終わってしまえば、それほど深く憎んだり敵対したりしませんでした。それが日本人の長所でもあり、短所でもあると思います。

 

ともかく、これからも、わが日本は強靭にそして柔軟に生きて行くことが大切だと思います。

|

« 黄文雄拓殖大学日本文化研究所客員教授による「日本を中心とした対米中印露の情勢」と題する講演内容 | トップページ | 今日思ったこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65169635

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は強靭にそして柔軟に生きて行くことが大切:

« 黄文雄拓殖大学日本文化研究所客員教授による「日本を中心とした対米中印露の情勢」と題する講演内容 | トップページ | 今日思ったこと »