« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 長島昭久氏の民進党離党について »

2017年4月11日 (火)

この頃詠みし歌

若かりし母と共にぞ神保町の古書店街を歩みし思ひ出

 

百歳までは生きたまふと信じゐし母がこの世を去りし悲しさ

 

日本の激動の歴史と共に生きしわが父母を偲びまつれり

 

わが父の征きませし大陸での戦ひを偲びつつ讀む宮柊二氏の歌

 

生死かけし戦ひに征きしわが父を偲ぶ心に写し絵を仰ぐ

 

夜となれば父母の位牌の前に座し經を誦しゐる静かなる時

 

父母と共に暮らせし日々のこと思ひ出しつつ涙さしぐむ

 

母を送りさみしき日々の続きゐる我に眩しき満開の桜

 

新しき仏壇を安置し父母よ安らかに眠りませと祈り捧げる

 

わが父とわが母の遺影に手を合はせ今日のひと日を終はらむとする

 

般若心経誦しまつりつつわが家の先祖の御霊に祈り捧げる

 

 

             〇

 

 

強く強く生きゆくべしと自らに言ひ聞かせをり神に祈りつつ

 

命の炎燃え立たしめて日々(にちにち)を生きてゆくべし神に祈りつつ

 

大いなる歌を讀みつつわが魂(たま)は力強くぞなりてうれしき(斎藤茂吉歌集)

 

つまらなき歌並びゐる短歌雑誌放り出した後に歌を詠むなり

 

プーチンだかウラジミールだか知らないがわが国の領土を早く返せよ

 

諏訪台の桜咲きたり窓辺より眺むれば心浮き立ちにけり

 

春四月花が開けば参り来る谷中天王寺の釈迦牟尼仏像

 

墓の上に桜咲き満つわが此の土安穏なりとの経文の如く(谷中霊園)

 

大き声で鳴くカラス頭上に飛びをれば何故鳴くのかと問ひかけにけり()

 

誰も参りに来し様子無き大き墓 古びてをればなほあはれなり()

 

鳥が鳴く東(あづま)の国の霊園の木々に止れる鳥が鳴きをり()

 

墓石を渡り走れる猫たちは霊園を棲家に生きてゐるなり()

 

櫻花満開の下で子供らが嬉々として遊ぶ春の夕暮(たぬき山公園)

 

流れゆく川面に桜の花びらが浮きて流るる帯の如くに(江戸川公園)

 

新しく建て替へられし家多く見知らぬ街に来たりし如し

 

客を置きて外に出て行き帰らざる老いし主(あるじ)を待ちつつ酒呑む

 

老いし主の焼きし焼き鳥焦げつきてをれども美味し老練の味

|

« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 長島昭久氏の民進党離党について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65134682

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗四月十日 | トップページ | 長島昭久氏の民進党離党について »