« 『屏風にあそぶ春のしつらえ』展を参観して | トップページ | 千駄木庵日乗三月十九日 »

2017年3月19日 (日)

真の保守とは「國體護持」である

所謂保守政治家と思われている人が実はそうではなかったという人が随分沢山いる。小沢一郎氏、加藤紘一氏、河野洋平氏等はそういう政治家だったと思う。この人たちはみな二世政治家である。即ち、父親が政治家だったから家業としての政治家を受け継いだだけなのである。

 

安倍氏の祖父岸信介氏が安保改定を推し進めた時、衆議院の安保特別委員長としてこれに協力したのが、小沢氏の父小沢佐重喜氏である。この時、小沢佐重喜氏は左翼革命勢力の攻撃にさらされ、湯島にあった自宅にもデモ隊が押し掛けるような事態になった。

 

小沢一郎氏は、父の苦労を見ていたので、岸氏に対して特別の思いがあると思われる。だから、小沢氏はその著書で「戦時中の指導者が戦後政治の中枢に戻ったことは納得がいかない。無責任である」という意味のことを書いた。しかし、戦後日本の復興は戦前の世代の人々の努力によるのである。また、小沢氏の主張を突き詰めれば、「昭和天皇退位論」にもつながるし、大東亜戦争否定論にもつながる。さらに最近の小沢氏は、共産党・社民党などと手を組んで反自民の急先鋒になっている。

 

今日のエリート官僚に多くは、「中道左派」と言われている。戦後の偏向教育を受けて優秀な成績を収めたのであるからそれは当然のことかもしれない。

 

保守とは何かの定義も問題である。ただ現状維持という意味では真の保守ではない。小生は真の保守とは「國體護持」であると考える。尊皇愛国・國體護持の姿勢こそが「保守」であると信ずる。であれば、今日の自民党議員の中にも、そして元自民党の議員の中にも「真の保守」とは言えないような人がいるようである。「天皇に人権はない。譲位などさせるな」「昭和天皇は『A級戦犯』をアメリカに差し出した」などと声高に主張する亀井静香氏はその典型である。

|

« 『屏風にあそぶ春のしつらえ』展を参観して | トップページ | 千駄木庵日乗三月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/65034977

この記事へのトラックバック一覧です: 真の保守とは「國體護持」である:

« 『屏風にあそぶ春のしつらえ』展を参観して | トップページ | 千駄木庵日乗三月十九日 »