« 千駄木庵日乗三月九日 | トップページ | 日本伝統信仰・伝統文化・伝統精神を現代の価値として再生せしめるべし »

2017年3月 9日 (木)

『世界は一家、人類は兄弟』とは?

昔、大勢の人が行列をして、「世界は一家、人類は兄弟」と叫ぶテレビコマーシャルがあった。その同じスポンサーのコマーシャルでは「戸締り用心、火の用心」と叫ぶのもあった。

 

私は「世界が一つの家で人類が兄弟なら戸締りは要らないではないか。全く矛盾している。これではまったく日本浅薄振興会だ」と思った。しかし今は、このコマーシャルは「理想と現実との乖離」を的確に示していたと思うようになっている。決して「浅薄」ではなく、世の中の真実を訴えていたのだ。

 

誰でも世界の平和を願っている。しかし、現実世界は闘争戦争の繰り返しである。それが人類の歴史であり現実なのだ。今日、それはますますひどくなっている。自己防衛・安全保障体制を確立しておかないと、何時、外敵からどんなひどい目に遭わされるか分からない。

 

平和な世の中を願う気持ちは大切にしなければならない。また人と人とは出来得る限り信頼し合い愛し合わねばならない。しかし、自分自身そして祖国を外敵から防衛することは決して怠ってはならないと実感する。

 

実の兄弟・義理の叔父まで無惨に殺してしまう独裁者が支配し核武装してミサイルをわが国周辺海域・排他的経済水域にミサイルを撃ち込む国、そして周辺諸国を侵略支配し政敵を監獄に放り込む独裁者が支配している核大国がすぐ隣にあるのだから。

|

« 千駄木庵日乗三月九日 | トップページ | 日本伝統信仰・伝統文化・伝統精神を現代の価値として再生せしめるべし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64993279

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界は一家、人類は兄弟』とは?:

« 千駄木庵日乗三月九日 | トップページ | 日本伝統信仰・伝統文化・伝統精神を現代の価値として再生せしめるべし »