« 千駄木庵日乗二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »

2017年2月16日 (木)

南北朝鮮そして支那とてもまともな国ではない

「近隣国家 南北朝鮮 そして支那 とてもまともな 国にはあらず」

 

私が詠んだ歌です。共産支那は、革命の第一世代の薄一波の息子を獄に放り込んだ。周永康・令計画・郭伯雄などの政敵を粛清した。金正恩は自分の義理の叔父を公開の場で逮捕し粛清した。そして数多くの幹部を抹殺した。そして今度は、腹違いの兄貴を殺した。朴槿恵は、友人の崔順実の国政介入問題で国会で弾劾を受け大統領職務が停止された。

 

こういうどう見てもまともではない三つの国が文字通りわが国の近隣国家なのだ。

 

とりわけ、北朝鮮は「国家」と言えるかどうかさえ怪しい。そもそも北朝鮮は「国家」と言えるかどうかさえ怪しい。「国家」とは民主的な手続きによって選出された国民の代表者によって法律に基いて統治されているのがあるべき姿である。

 

ところが北朝鮮は、金日成が死んだ後、(これも息子の金正日によって殺されたとする説もある)どういう民主的法律的手続きを経て金正日が国家の最高権力者に選ばれたのかさえまったく不明である。金正日は、ただ金日成の息子だから後継者になったのである。また、金正日が死んだ後、どういう民主的法律的手続きを経て息子・金正恩が最高権力者になったのか不明である。そして独裁者になった途端、叔父を殺し、今度は兄貴を殺したのだ。その殺された兄貴も、フジテレビのニュース報道を見見ると、全身刺青の男である。

 

ともかく、北朝鮮という「国」の成り立ちもまともではない。大東亜戦争終結後、朝鮮半島の北半分を軍事占領したソ連軍が、共産ゲリラだった金日成を連れて来て朝鮮半島北半分の支配者に仕立て上げただけのことである。一九四八年(昭和二十三年)、朝鮮半島全体で民主的な選挙を実施しようとしても金日成はそれに応じなかった。そして南だけで選挙が行なわれ、李承晩が初代大統領に選ばれた。だから本来的には、金日成政権は北朝鮮を軍事占領している集団に過ぎないのだ。

 

そればかりではない。五十三年前の一九五〇年(昭和二十五年)六月二十五日午前四時過ぎ、金日成は、突如三十八度線を突破して侵略を開始し、ソウルを火の海にして、二十八日にソウルを占領した。金日成軍による韓国侵略によって三百万人が犠牲になった。この朝鮮戦争で、金日成軍及びそれを支援する共産支那軍と戦ったのは、国連軍である。そして、一九五一年二月一日、国連総会は共産支那を侵略者と決議した。つまり、北朝鮮の盤距する政権は侵略者で在り正統性がないのである。

 

金日成も金正日も金正恩も、自分にとって邪魔な人、絶対的に服従しない人を残忍無比な手段で粛清し、殺してきた。ともかく北朝鮮はまともな国ではない。

 

朝鮮戦争の時、わが国内において、侵略者=北朝鮮・共産支那を支援するために火焔ビン闘争を展開したのが日本共産党である。そして日共は朝鮮戦争はアメリカの侵略だと主張し続けてきた。日共こそわが国における最初にして最大の北朝鮮支援組織である。日本共産党と北朝鮮が路線対立を起した後は、旧社会党今日の社民党が北朝鮮と友好関係を結んだ。そして拉致問題の解明を妨害して来た。共産党・社民党といふ共産主義・社会主義政党は、北朝鮮や共産支那と同根の政党であることを忘却してはならない。

 

北朝鮮は何をするかわからない。何時でも暴発する危険がある。わが国はそのための万全の対策を講じておくべきである。この万全の対策とは、金や食糧を出してご機嫌をとることではない。わが国の国防体制を確立することである。

  

繰り返すが、まともではない近隣国と対峙している日本は、自主防衛力・軍事力を強化する以外にない。それが正しく整備され実現するまでは日米軍事同盟を強化するしかない。さらに、国内の親支那・親朝鮮勢力を厳しく糾弾すべきである。日米軍事同盟強化に反対する輩は、共産支那・北朝鮮の手先である。

 

特に間違った情報・国を危うくする情報を流し続ける偏向マスコミ、亡国メディアを叩き潰さねばならない。彼らは、意識するとしないとにかかわらず、日本を侵略し支配下に置こうとする国の手先である。また、前述したとおり、社民・共産両党は、中国共産党、朝鮮労働党と同根の共産主義革命政党である。

 

|

« 千駄木庵日乗二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64898742

この記事へのトラックバック一覧です: 南北朝鮮そして支那とてもまともな国ではない:

« 千駄木庵日乗二月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十六日 »