« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』第二十五号 »

2017年2月 1日 (水)

伊勢の皇大神宮は、日本伝統精神の結晶である

。伊勢の神宮では、二十年に一度、御正殿以下御垣内の諸社殿、すべてを新しく造り変へ、御正殿内の御装束神宝の一切を新しく調進して、新しい御正殿の御神座へ大御神にお遷り願ふ「式年遷宮」が行はれる。

 

これは、二十年に一度の「大神嘗祭」で、皇祖天照大御神の神威の新たな甦りを仰ぐ祭事である。この重大なる祭事は、天皇陛下の勅旨によって執行されると承る。平成二十五年には、第六十二回神宮式年遷宮が執行される。二十年毎の立て替へには、神御自身と国土と国民のよみがへりといふ大きな意義がある。

 

新生の祈りをこめて元初・天地初発に回帰し、再生し続ける御遷宮こそ、民族の英知が磨きあげた神道精神・日本伝統文化の精粋であり、天地を清浄化する永遠の祈りである。御遷宮は、神・天皇・國民・国土・国家の再生の大祭である。また、式年遷宮は、「今即神代」「天地初発之時」への回帰を実感する祭りである。

 

式年遷宮は、瑞穂の國日本の穀靈・天皇國日本の皇祖神たる日の神=天照大御神の神威が新生し復活するといふ重大なる意義がある。

 

持統天皇四年(六九〇)に内宮、翌六年には外宮において遷宮が行はれたのが式年遷宮の制が建てられた最初である。(『大神宮諸雑事記(しょぞうじき))。また、『日本書紀』に、持統天皇五年十一月戊辰日に「大嘗めす」とあるのが践祚大嘗祭の始まりとされる。遷宮祭儀と皇位継承祭儀は相似である。つまり式年遷宮は、新帝の御即位に際して新たなる神霊の天降り・甦りを仰ぐ践祚大嘗祭と相応する。女性天皇の御代に宮中祭祀、伊勢の神宮祭祀の今日に続く制度が確立されたのである。

 

真弓常忠氏は「神宮の遷宮は二十年一度の大神嘗祭であり、大神嘗祭はまさに皇祖の大御神の神威に新たな甦りを仰ぐ最大最重の厳儀である。それは、宮中における大嘗祭に相相応する大儀であるといえる。このことは、皇居においても、御代ごとに遷宮する例であったのが、持統天皇の藤原京より恒久的な皇居が営まれたことも照応する。昔から伊勢の遷宮を『皇家第一の重事、神宮無双の大営』(『遷宮例文』)といわれてきたゆえんがここにある。それは始源においては、大嘗祭と表裏一体の相対応する大儀であった」(『大嘗祭の世界』)と論じてゐる。

 

御遷宮は、日本民族の叡智・中核的信仰精神を表現する祭儀であり、神代即今・今即神代を実感する祭儀である。

 

「祭り」とは、神人合一の行事であり、罪穢れを祓ひ清め元初の姿へ回帰する行事である。天地宇宙の更新再生が、祭りである。元初の伊勢の神宮に回帰しつつ常に新たに生まれるといふ理念・原理=復古即革新が、日本文化の精粋である。それが現実の姿として顕現してゐるお宮が伊勢の神宮はなのである。

 

外国の宗教は、永久に残であらうと考へた石造りの神殿を造営したが、廃墟になってゐるところが多い。古代ギリシアやローマは、恒久的な神殿を建設しやうと考へたが、結局は廃墟をのこすのみとなった。

 

日本伝統信仰の祖神たる天照大神の神殿は木造である。そして、定期的に立て替へることにより、その生命が再生し新生すると信じた。日本民族は、神殿を定期的に作りかへることによって、神及び神殿を再生し続けて来た。日本の神と神殿は、永久不変であると共に永遠に新しいのである。

 

室町時代の戦乱により百二十年間途絶えてしまった神宮の式年遷宮を再興する原動力になったのが慶光院上人である。慶光院は、室町時代の創建とされる本寺末寺もない独立した臨済宗の尼寺である。慶光院の院主は慶光院上人と呼ばれ、長野善光寺上人、熱田誓願寺上人と共に、代々上人号を天皇から与へられ、紫衣着用を許可された。

 

初代院主・守悦上人、三代院主・清順上人、四代院主・周養上人は、尼僧でありながら諸国を巡歴し、遷宮浄財の勧進につとめた。全国の人々を感動させ、それが推進力となって式年遷宮の復興が実現したと承る。故に、内宮上人・伊勢上人・遷宮上人と呼ばれた。(神宮司庁刊『お伊勢参り』)

 

特に、四代・周養上人は、後陽成天皇より綸旨を賜って遷宮の勧進につとめ、小田・豊臣二氏の協力もあり、天正十三年(一五八五)十月十三日に内宮、十五日に外宮の第四十一回遷宮が行はれた。

 

徳川家康も、伊勢の神宮奉護の心が旺盛であったと傳へられる。家康は、征夷大将軍に任ぜられた慶長八年、遷宮朱印状を周養上人に与へてゐる。そして慶長十四年には、内宮外宮造営料三万石(米六万俵)を寄進し、それが先蹤となって歴代将軍に引き継がれた。

 

元禄二年(一六八九)、東山天皇の御代、第四六回・式年遷宮が行はれた。遷宮には伊勢を目指して多くの人々が集ひ、神と万物万生の再生・甦り・新生を祝した。

 

松尾芭蕉は、式年遷宮の奉拝を志して元禄二年九月六日、四十六歳の時、大垣を出発、十一日に伊勢に着いたが、内宮の式は十日にすでに終り、十三日の外宮の式を拝んだ。外宮遷宮を奉拝した感激を、

 

「尊さに 皆押しあひぬ 御遷宮」

 

と吟じた。

 

当時、遷宮日時を告げる高札が主要都市や街道筋に立てられ、多くの民衆が陸から海から神都伊勢を目指して天地もどよもすばかりであったといふ。(中西正幸氏『幕藩体制下の制度復興』・「歴史読本・伊勢遷宮の謎」所収)

 

本居宣長は、寛政度の御遷宮に際して、寛政元年(一七八九)に

 

「ものいはゞ 神路の山の 神杉に 過ぎし神世の 事ぞとはまし」

 

と詠んでゐる。

|

« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』第二十五号 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64839375

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢の皇大神宮は、日本伝統精神の結晶である:

« 千駄木庵日乗二月一日 | トップページ | オピニオン雑誌『傳統と革新』第二十五号 »