« 千駄木庵日乗十二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十四日 »

2016年12月24日 (土)

最近思ったこと

 言語の乱れが國家の混迷を招来する。現下のわが國の今日の日本の様相は文字通りそれである。何でも英語で言えば良いと思っている人が多い。最近は、「ボーダーレス」とか「グローバリゼーション」という言葉が乱れ飛んでいる。「ボーダーレス」とは境界線喪失ということであり、「グローバリゼーション」とは世界化・國際化ということだそうである。日本語の方がよっぽど分かりやすいのに、何故にわざわざ英語で言うのか。

 

 今日の日本は、日本と外國・保守と革新・男と女・堅気とやくざなどの境界線が喪失しつつある時代だという。そして境界線喪失現象が社會の進歩だと思っている人もかなりいる。

 

 男女の境界線がなくなったというのは街を歩けば分かる。男のくせに耳飾りを化粧をしてナヨナヨ歩く若者が増えている。また、これはだいぶ以前からだが女がプロレスなどの格闘技をする時代である。さらに、レズやホモが増えているどころか男同士・女同士の「結婚」すら珍しくなくなっている。

 

 大分以前のことだが、当時の野党・新進党が國會内で座り込みをしたことがある。その時、中曽根康弘元総理が「女性議員を先頭にして座り込みをさせるのは良くない」と批判したら、小池百合子さんが「女性に対する差別だ」とか言って中曾根氏のところに抗議に行ったことがある。昔から日本には、戦さや喧嘩などで「女子供には手を出さない」という不文律がある。小池百合子さんはそれをも差別と言うのだろう。であるならば國賊に対するテロの対象から女性を除外することはできなくなる。

 

 日本人と外國人の境界線もなくなっている。と言うよりも、日本人のくせに祖國の歴史を悪し様に罵る日本人が多くなっている。支那・韓國・フィリッピンなどにわざわざ出かけて行って根掘り葉掘り戦争中の日本軍の「悪行」とやらを野良犬の如く嗅ぎ回る「學者文化人」「マスコミ人」がいる。自分の生まれ育った國を悪く言うことに快感を覚える人間は、血は日本人の血が流れ肉体も日本人なのであろうが、その魂は反日國家に売り渡していると言っても過言ではない。

 

 政治の世界も「保守と革新」というか「右と左」の境界が分からなくなっている。と言うよりも、保守政治家といわれる人の中に、社民党・共産党と同じような考え方を持つ人つまり反日思想・自虐思想を持つ人が増えてきている。そりどころか、亀井静香のように、昭和天皇に対し奉り、誹謗中傷する政治家もいる。

 

 これは外國語ではないが、「人権」「差別」という言葉も多く使われている。「人権侵害だ。差別だ」と言われると、もう返す言葉がなくなってしまうのが今の風潮である。「差別」を辞書で引くと、「①差をつけて扱うこと。わけへだて。「~待遇」②区別すること。けじめ。」とある。たしかに、不当な差別はあってはならないし解消されなけばならない。しかし、全く平等な世の中というのはあり得ない。

 

 それどころか、「区別すること。けじめ」という意味の「差別」や、男女・國家民族・地域の「境界線」があってこそ、文化が生まれ、平和が維持され、道義が守られるのだ。みんなが平等であるべきだということになると、天才も秀才も否定され文化・文明は生まれないし発達もしなくなる。芸術の創造と継承そして伝統護持もできなくなる。「あの人の作品はこの人の作品よりも良い」という「差別」があってこそ文芸・美術・音楽などの芸術や文化が存在するのである。「差別」から文化が生まれるのである。また、國家・民族の境界があるから各國家・民族の伝統文化が守られ継承されるのである。

 

 親と子のけじめ・差別がなくなりつつあるから家庭崩壊が起こり、教師と生徒のけじめ・差別がなくなりつつあるから學級崩壊・教育荒廃が起こっているのである。

 

 さらに言えば、「人間は全て平等だ」とか言って、皇室の御存在を否定する輩がいるが、皇室への國民の尊崇心の希薄化は國家崩壊の予兆である。天皇及び皇室という高貴なる御存在こそ、わが國の存立の基礎である。

 

 「境界線の喪失」は決して時代の進歩ではなく、國家の崩壊・文化の退化・道義の頽廃の同義語である。

 

 「皇紀」とは、日本の紀元を、日本書紀に記されている神武天皇が大和橿原の地に都を開かれ即位された年(西暦紀元前660年)を元年として起算したものである。天皇國日本はキリスト教國家ではないのだから、西暦よりも皇紀を重んじるべきである。

 

 わが國民は有史以来どんな國難に遭遇しても絶望せず、これを打開して来た。そしてその基は、明治維新が尊皇攘夷の精神で断行された如く、日本國民の尊皇精神であり國を愛する心である。今日もまたそうであらねばならない。

|

« 千駄木庵日乗十二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64665837

この記事へのトラックバック一覧です: 最近思ったこと:

« 千駄木庵日乗十二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十四日 »