« 日本人は、肉体は滅びても、生命は永遠といふ信仰を持ってゐる | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »

2016年12月11日 (日)

千駄木庵日乗十二月十日

午前は、諸雑務。

正午より、グランドヒル市ヶ谷にて、『日本学生同盟創設五十年 三島由紀夫研究会結成四十五年 第十一回「早雪忌」の集い』開催。玉川博己氏が主催者挨拶。山本之聞、斉藤英俊、木村三浩、宮崎正弘氏などがスピーチ。献杯が行われ、盛宴に移った。多くの同志・友人が参集した。

161210_135601


この後、施設に赴き、母と過ごす。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 日本人は、肉体は滅びても、生命は永遠といふ信仰を持ってゐる | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64608878

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十日:

« 日本人は、肉体は滅びても、生命は永遠といふ信仰を持ってゐる | トップページ | 「元初の清浄なる日本」に帰ることが維新である »