« 『笹川平和財団日米交流事業主催講演会・中国・欧州関係の進展とその世界的影響』におけるケント・E・カルダー氏(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院SAIS、エドゥィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 | トップページ | 明治以後における尊皇攘夷運動 »

2016年12月23日 (金)

千駄木庵日乗十二月二十二日

午前は、諸雑務。

午後は、『政治文化情報』発送準備。

この後、施設に赴き、母に付き添う。

午後六時半より、水道橋にて、永年の同志と懇談。意見交換。

帰宅後は、書状執筆、原稿執筆。

|

« 『笹川平和財団日米交流事業主催講演会・中国・欧州関係の進展とその世界的影響』におけるケント・E・カルダー氏(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院SAIS、エドゥィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 | トップページ | 明治以後における尊皇攘夷運動 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64661097

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十二日:

« 『笹川平和財団日米交流事業主催講演会・中国・欧州関係の進展とその世界的影響』におけるケント・E・カルダー氏(ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院SAIS、エドゥィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長)の講演内容 | トップページ | 明治以後における尊皇攘夷運動 »