« 千駄木庵日乗十一月十七日 | トップページ | 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます »

2016年11月17日 (木)

黒田勝弘産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員による「厄介な隣人、韓国とどう付き合う?」と題する講演内容

七月九日に開催された『アジア問題懇話会』における黒田勝弘産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員による「厄介な隣人、韓国とどう付き合う?」と題する講演内容は次の通り。

「韓国に対する日本側のイメージは法治国家ではないということ。反日は罪に問われない。大使館前の慰安婦像自体不法なもの。法治上何時でも撤去すべきもの。ソウル市役所は許可していない。国内法違反。毎週水曜日にデモをやる。大使館百メートル以内で政治運動をするのは法律違反。日本大使館の門の真ん前で日本に対する侮辱行為をする。外国公館に対する侮辱行為は『ウィーン条約』(注・外交関係に関する基本的な多国間条約)違反。韓国は日本から見れば法治主義を全うしていない。

 

加藤達也産経新聞ソウル支局長(当時)が最後は無罪になったのは、法治主義が貫徹された。韓国内メディアの名誉棄損事件は殆ど無罪。名誉棄損での起訴はある意味見せしめ。私は一九八〇年から現地で記者をしている。名誉棄損の案件は、セウォル号沈没事故で多数の死んだことの責任問題。朴槿恵大統領に七時間の空白の時間があった。野党が疑惑として追及。公開できぬ何かがあった、密かに男と逢っていた、という話まであった。加藤氏は面白おかしくそれを紹介した。朴槿恵政権の威勢が落ちている。噂の引用が名誉棄損ということになった。韓国は権力内部の意思疎通がうまくいっていない。青瓦台は、噂は嘘ということで救われ、大統領の名誉は守られた。告訴を取り下げれば裁判はおしまいになった。官邸サイドが告訴取り下げをしなかった。『産経』も官邸も最後までガチンコ。加藤氏が無罪になって官邸は国際的に恥をかいた。

 

韓国はプロテスタントが圧倒的に多い。プロテスタントの教会が最大の保守・親米・反北勢力。資金力もある。韓国では反日集会はあっても親日集会はない。親米集会はある。その動員は教会。五十歳過ぎの教会の牧師は安倍さんを完全否定。バッシングをしている。しかし安倍批判をした後、『軍国主義者・復古主義者ではあるがあのリーダーシップは羨ましい』と言った。

 

八十年から韓国にいて日韓の指導者を見ている。韓国で日本の首相の人気ナンバーワンは中曽根。中曽根は総理就任後最初に訪問した外国は韓国。八七年一月に公式訪問。国賓としての訪問は初めて。ソウルの中心部に日の丸が掲揚された。小泉・安倍が韓国人として印象深い。長く総理をやることが日本の存在をと主張が諸外国に伝わる。今回の参院選で安倍氏に勝ってもらった方が国際的には良い。

 

慰安婦問題の合意は、日本では左右から批判がある。しかし合意は良かった。ああいう形の外交的決着はしなければいけない。慰安婦問題は近年国際化している。日本の国家イメージが傷つけられている。十億円をあげて諸事業に使う。韓国政府の責任で慰安婦問題を処理してくれということ。韓国に下駄を預けた。慰安婦像の撤去は難しい。撤去するとメティアや団体から文句を言われる。二〇二〇年まで日本大使館は工事中。この三年半の間に慰安婦像が無くなれば良い、と日本側は思っている。慰安婦像のそばにテントを張って五、六が寝泊まりしている。これも規制できない。冬はス電気トーブ、電気毛布を持ち込んでいる。ホンダの発電機を使っている。反日パフォーマンスの小道具に日本製品を使っても平気。悪く言うといい加減で軽い。学校の成績だけでなくボランティア活動をしていたかどうかが大切。入社試験の時に活動をしていたことが点数になる。学校が休みになると中学生や高校生が増える。課外活動として学校の成績になる。

 

朴槿恵はこれと言った業績はない。保守派はこのままだと政権は野党に行くと思っている。盧泰愚・金泳三で右派が十年、金大注・盧武鉉で左派が十年、李明博・朴槿恵で右派が十一年。十年周期で言うと次は左派が政権を取る。民心が飽きる。変化志向が出る。韓国大統領が習近平に電話をしても、習近平は出てこない。朴槿恵にとって相当なショック。韓中関係強化の成果は上がらなかった。朴槿恵は北との関係を変化させるために対中接近した。中国の対北政策に韓国の意向を反映させるためだった。しかし中国は全く頼りならなかった。外交的打撃。

 

イギリスのEU離脱は、私は個人的にはイギリスは凄いなと思った。イギリスは凄い判断力だ。日本と韓国はイギリスのようなことができるのか。EU残留派の女性議員が殺された。あんなことが日本や韓国で起これば残留決定。イギリスではそうはいかず離脱派が勝った。イギリスは端倪すべからざる国。

 

東アジアで日本が半島大陸とどう付き合うべきか。私はある意味近年、孤立主義になっている。朝鮮半島との付き合いは難しい。韓国人は国際関係においては、永遠の友でもなければ永遠の敵でもない。朝鮮半島の人はすれっからし。

 

唯一変らないのは地理的関係。古代から日韓には色々なことがあった。半島と列島という地理的関係であるということを重視せねばならない。韓国併合は日本が朝鮮に引き込まれたと思う。韓国人を日本化しようとした。そういう気にさせられた。文化的類似性もある。海峡を越える時は用心せねばならない。安保法制を朝鮮半島有事の際発動するのは慎重にすべし。韓国が日本に『助けてくれ』と言った時、簡単に助けない方がいい。白村江の戦いがシンボリック。百済の残存勢力が日本に来てくれと言った。二、三万の日本兵が行った。西海岸で新羅唐連合軍にコテンパンにやられた。これンがトラウマ。

 

私は七八年に留学。七八年から八一年まで駐韓大使をつとめた須之部量三氏に『この国には二本の足を入れては駄目。動きが取れなくなる』と言われた。私はそれを座右の銘にしている。地政学上の日本の分を守るべし。『南北統一に向けて日本の役割』などと言うのが危ない。南北統一には関わらない方がいい。どう転んでも良いことはない。ずるく立ち回るしかない。朝鮮戦争の時の日本の関わり方が非常に参考になる。北を押し返した要因は日本が後方に兵站基地として存在した事。兵站としての日本の役割は圧倒的だった。結果的に日本は戦後の廃墟から立ち上がった。

 

隠れ親日は非常に多い。年間四百万の韓国人が来日。来日した人は日本をほめる。しかし表立っては言えない。不見識な現象。最近の韓国メディアは反日が多い。隠れ親日が多くなっていることへの危機感がある。メディアまで『日本が良い』と言い出すと立つ瀬がない。年間四百万人来日する人は反日ではないということ。韓国の国旗は日本の国旗を参考にした。韓国国歌は親日派が作った。日米韓の協力は良い。日韓協力は良くない。アメリカが入るとOK。

 

陸上部隊が日本人を救出すると言って、半島に上陸するのはどうか。日本食ブーム・日本酒ブームが韓国に起こっている。アサヒビールが圧倒的。ママが着物と白い割烹着を着ている日本風小料理屋が始めて出来た」。

|

« 千駄木庵日乗十一月十七日 | トップページ | 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64507400

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田勝弘産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員による「厄介な隣人、韓国とどう付き合う?」と題する講演内容:

« 千駄木庵日乗十一月十七日 | トップページ | 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます »