« 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十八日 »

2016年11月18日 (金)

奥野誠亮氏のご逝去を悼む歌

奥野誠亮氏のご逝去を悼む歌

 

老政治家が 身まかりまししと いふニュース 悲しみて聞く 晩秋の夜

 

信念の 国士政治家の 面影を 偲びつつ一人 歎き悲しむ

 

老いてなほ 矍鑠として 己が信念 語りたまへる 姿忘れず

 

政治家の 質の低下が 嘆かるる 時に国士政治家 逝きたまひたり

 

         〇

以下の文章は、『伝統と革新』第十号(平成二十四年十二月発行)に掲載された『奥野先生へのインタビュー』記事における小生の印象記です。昨日の文章と重複いたしますが、掲載させていただきます。

              〇

日本は長寿社会と言はれてゐるが、奥野誠亮先生のお元気さはまことに驚異的である。奥野氏は、大正二年七月のお生まれで、今年満九十九歳になられる。インタビューに的確答えへられ、かつ、自説を滔々と語られた。まことに素晴しいことである。奥野氏は「真正保守」の立場に立たれる方で、靖国神社・歴史問題・外交問題・憲法問題などで、正論を吐露され続けた方である。戦前・戦中・戦後の激動の時期を、官僚として政治家として活躍して来られた。平成十九年の八月十五日、奥野先氏が、お一人で炎天下、靖国神社に参拝しておられる姿を拝見した事がある。その時に次のような歌を詠んだ。

 

「炎天下 靖國の宮に 出會ひたる 老政治家の 姿忘れず」

 

今の日本の政治家には、奥野氏のやうな国士は少なくなった。日本古代の歴史が息づく奈良県御所市のご出身である。一層のご活躍とご長寿を祈る。

|

« 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64508739

この記事へのトラックバック一覧です: 奥野誠亮氏のご逝去を悼む歌:

« 奥野誠亮先生のご冥福を衷心より御祈り申し上げます | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十八日 »