« 千駄木庵日乗十一月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »

2016年11月10日 (木)

トランプ大統領の誕生は、対米自立=核武装の絶好の機会である

ドナルド・トランプ氏が米大統領選に勝利した。今や、世界的にナショナリズムが勃興していると思う。イギリスのEUからの脱退、共産支那の対外膨張、フィリッピン大統領のアメリカ批判、そしてトランプ氏の勝利を見ると本当にそう思う。

 

こうしたことは、わが国にとって戦後体制、ヤルタ・ポツダム体制からの脱却の好機だ。右往左往したり恐れることはない。

 

トランプ氏は、日米安保に関して、「米国は日本を防衛する義務があるのに、日本は米国を防衛する義務を負わないのは不公平だ」と言っている。日本を非武装国家にして二度と再びアメリカに逆らわないようにするために、『現行占領憲法』を押し付けたアメリカにこんなことを言う資格はない。

 

しかし、トランプが日米安保に対してこういう姿勢を本当に貫くのなら、日本が国防安保軍事面で、アメリカと対等の立場に立つこと認めるということだ。

 

日米が対等な立場に立つということは日本が「対米自立」するということだ。「対米自立」とは、防衛・安保の面では、アメリカの核の傘に入っている状況を正すということだ。即ち、日本が核武装するということだ。

 

共産支那のわが国への侵略策謀そしてアジアにおける軍事的覇権確立が益々活発化してきている今日、日本の安全と独立をアメリカの助けを借りないで守るためには、日本は核武装しなければならない。

 

わが国が中華帝国主義・アメリカ覇権主義と対峙するには、軍事面では、核武装が不可欠である。

 

いつまでもアメリカの従属国のままでいいはずがない。その上、共産支那による軍事的脅威が高まっている。

 

天は自ら助くる者を助く」という言葉がある。祖国日本の回復、日本の道統の回復、日本国家・日本民族の総合的力量の回復が断行されねばならない。軍事面では核武装なくしてそれは実現しない。

 

支那の覇権拡大を防ぎアジアの平和を守るためにも、そして対米自立を実現するためにも、日本は核武装すべきだ。それには日本国民の意識変革が必要である。トランプ大統領の誕生はその絶好の機会である。対米自立とは核武装と同義語である。

 

|

« 千駄木庵日乗十一月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64467790

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領の誕生は、対米自立=核武装の絶好の機会である:

« 千駄木庵日乗十一月九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »