« 千駄木庵日乗十月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十二日 »

2016年10月12日 (水)

絶対尊皇精神の具現者・大楠公

大楠公・楠木正成こそ尊皇精神の体現者であられた。大楠公の絶対尊皇精神は、『太平記』『日本外史』などの史書によって後世に伝へられた。明治維新の志士たちも楠公精神を継承して維新を戦った。大楠公は絶対尊皇精神の具現者である。

 

 

 

日本の古典には「名文」と言はれるものが多数ある。『太平記』の次の一節は、その最たるものであろう。

 

「舎弟の正季に向て、そもそも最後の一念に依て、善悪の生(しゃう)を引くといへり。九界の間に何か御辺の願なると問ければ、正季からからと打笑て、七生まで唯同じ人間に生れて、朝敵を滅さばやとこそ存候へと申しければ、正成よに嬉しげなる気色にて、罪業深き悪念なれども、われもかやうに思ふなり。いざさらば同じく生を替(かへ)て、この本懐を達せんと契て、兄弟共に刺違て、同枕(おなじまくら)に伏にけり。」

 

 

 

この文章には、楠公のそして日本民族の絶対尊皇精神、七生報国の精神が見事にうたひあげられてゐる。「七生まで唯同じ人間に生れて、朝敵を滅さばや」といふ正季の言葉は、後々の世まで深く人の心に感銘を与へ、人の心を動かした。歴史を動かしたと言っても過言ではない。

 

 

 

楠公兄弟は、「今度は浄土に生まれたい」「地獄には行きたくない」「後生はもっと善い処に生まれたい」などとは言はなかった。ただひたすら、「七生まで唯同じ人間に生れて、朝敵を滅さばや」といふ強烈に決意を吐露した。

 

 

 

「七生」とは永遠の生命を意味する。日本人たるもの、永遠に生きとおして、君国に身を捧げるといふ捨身無我の尊皇精神に憧れたのである。

 

 

 

保田與重郎氏は、「『罪業深き悪念云々』といふのは、当時の仏教思想に基づく考へ方である。『太平記』の作者も、仏教観念の鼓吹を、この物語執筆の趣旨としたのだが、大楠公の品格をのべ行動と結末を語るに当っては、さういふ観念のものを全く棄て、超越してゐるのである。」「正季公がからから打笑ひ、七生尽忠の志を誓はれたのにたいし、大楠公が『よに嬉しげなる気色にて』これを諾ったといふ書きぶりは、まことにこの物語の作者の志のたけ高さ示すに十分であった。これこそすなほな民族感情の表現である。正季公がからからと打笑ったといふことは、当時の一般教養界を風靡した仏教信仰からくる穢土厭離の思想をその笑ひで吹きとばされたのである。」(『太平記と大楠公』・湊川神社社務所発行「大楠公」所収論文)と論じてゐる。

 

 

 

絶対尊皇精神といふ「素直な民族感情」は、仏教の宿命論、輪廻思想・厭離穢土思想を超越するのである。「七生報国」の精神は、仏教の輪廻転生思想・宿命論が我が国に入って来る以前から日本民族が抱いてゐた死生観より生まれた観念だからである。

 

 

 

「七生報国」の楠公精神は、後世においてきはめて大きな影響を与へた。明治維新で活躍した多くの志士は、殆ど例外なく楠公に対する感激と崇敬とを抱いてゐた。維新の志士たちの楠公仰慕の心は非常に強いものがあった。明治維新の戦ひにおいて、楠公精神・七生報国の精神は志士たちによって継承され、且つ、実践された。楠公仰慕心、「七生報国」の精神の継承が、明治維新は成就の一大原動力であった。楠公の絶対尊皇精神が、明治維新の戦ひに挺身した志士たちの精神的基盤であったと言っても過言ではない。

 

 

歌人であり国学者でもあった橘曙覽は次の歌をのこした。

 

 

「湊川御墓の文字は知らぬ子も膝をりふせて嗚呼といふめり」

 

楠公の墓が荒廃してゐたのを嘆いた義公・水戸光圀が、元禄五年(一六九二)、佐々助三郎宗淳を湊川に派遣して石碑を建て、「嗚呼忠臣楠子之墓」と自筆で題した。その楠公のお墓に刻まれた文字を仰げば、子供といへども感激して墓前に屈んで「嗚呼」と唱へるであらうといふ意。

 

吉田松陰は、安政三年(一八五六)『七生説』を書いて、正成が七度人間と生まれて國賊を滅ぼすことを誓ったことについて、「楠公兄弟は、徒(たゞ)に七生のみにあらず、初めより未だ嘗て死せざるなり。是より其の後、忠孝節義の人、楠公を観て興起せざる者は無ければ、則ち楠公の後復た楠公を生ずる者、固より計り数ふべからざるなり。何ぞ独り七たびのみならんや」と論じた。

 

 

 

また、吉田松陰の『留魂録』には次の歌がある。

 

 

「七たびも生かえりつゝ夷をそ攘はんこゝろ吾忘れめや」

 

 

楠公の崇拝者として知られ『今楠公』といはれたといふ真木和泉守保臣は、天保十年、二十七歳の時、次の歌を詠んだ。

 

「すめる世も濁れる世にも湊川絶えぬ流れの水や汲ままし」

 

 

さらに、西郷隆盛は次のやうな漢詩をのこしてゐる。

 

「楠公題図(楠公の図に題す) 

 

奇策明籌不可謨(奇策の明籌、謨(はか)るべからず)、正勤王事是真儒(正に王事に勤る、是真儒) 懐君一子七生語(懐(おも)ふ、君が一子七生の語) 抱此忠魂今在無(この忠魂を抱くもの、今在りや無しや)」。

 

森田康之助氏は次のやうに論じてゐる。「先年の大戦の評価については本書のよくするところではない。鉄を熔かす暑熱にも耐え、肌も凍る寒気を凌ぎ、或は南溟に或は北漠に、興行の成否を問うこともなしに、名もなき国民の一人一人が、名も無いままに国運に殉じた痛ましいわが国史の跡である。この難に殉じた数多い人々の胸中には、楠公湊川の精神が生き生きと回顧され、脈々と息づいてはずである」(『楠木正成』)。

 

大東亜戦争において、楠公精神を生き貫き、名も無いままに国運に殉じた名も無き国民ののこした歌を掲げさせていただく。

 

 

 高田豊志氏(昭和二十年五月十三日、特攻戦死、享年十九歳)

 「七たびと誓ひて散りしわが友の心は咲かむ靖国の庭」

 

堀毛利衛氏(昭和二十年七月十八日、特攻戦死、享年二十三歳)

 「七度ぞ生れて御国を守らばや身は大空の花と散るとも」

 

 

 

竹野弁治氏(昭和二十年四月十二日、特攻戦死、享年十九歳)

 「七度も生れ変りて諸共に醜の御楯と我は征くなり」

 

 

 平川勉氏(昭和十九年七月五日、戦死、享年二十五歳)

 「君が代のしづめとはてし湊川その誠心ぞ神につながる」

 

山本卓美氏(昭和十九年十二月七日、特攻戦死、陸軍中尉)

 

「七たびも生れかはりて守らばやわが美しき大和島根を」

 

 

 

加賀和元氏(昭和二十二年四月二十八日、旧ソ連アングレン収容所にて逝去、享年二十六歳)

 「楠のふかきかをりを身にしめて七たび死なんすべらぎの辺に」

 

 

昭和二十年六月二十三日未明、沖縄第三十二軍司令官・牛島満陸軍中将は、摩文仁の丘にて自刃された時、次の歌をのこされた。享年五十八歳であった。

 

「矢弾盡き 天地染めて 散るとても 魂がへり 魂がへりつつ 皇国護らむ」

 

 

 

これらの辞世はまさに楠公精神とまったく同じ精神、志、魂の表白である。

 

|

« 千駄木庵日乗十月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64334835

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対尊皇精神の具現者・大楠公:

« 千駄木庵日乗十月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十二日 »