« 千駄木庵日乗十月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »

2016年10月14日 (金)

昭和天皇はご生涯をかけて國民の幸福と平和の実現を祈られた

昭和天皇は、崩御前年の昭和六十三年に、『全國戦没者追悼式 八月十五日』と題されて、

 

やすらけき世を祈りしもいまだならずくやしくもあるかきざしみゆれど

 

と詠ませられた。

 

昭和六十三年の『全國戦没者追悼式』にご臨席あそばされるため、那須の御用邸からヘリコプターで東京に向はれた。ヘリコプターからお降りになられる時の陛下のお姿を拝し、また『追悼式』でのおみ足の運びのたどたどしさを拝してもなほ、「天皇は戦争責任をとって退位すべきであった」などと批判する輩は、「人間ではない」と小生は思ふ。

 

葦津珍彦氏は、「(昭和天皇に・註)戦争の惨禍を受けた人々に詫びる御気持ちが薄いといふ人がゐることを私は知ってゐる。しかし昨年(昭和六十三年・註)、最後の御臨席となった戦没者追悼の會へお出ましなさるために、ヘリコプターで那須から東京へお帰りになった時のお姿を拝してさへ、なほ先帝のお気持ちを感得できぬ者は、人としての人情を解さぬ者である。」(『悲史の帝』・「文藝春秋特別号 大いなる昭和」所収)と述べてゐる。

 

昭和天皇は、大東亜戦争に対する「政治的責任」「法律的責任」といふやうな次元ではなく、「日本國天皇としての責任」を深く自覚されておられた。

 

根本的には、昭和天皇はご自身のご意志で御位にとどまられてその責任を果たさうとされ、また事実は果たされたのである。

 

昭和天皇は、御自身の「退位問題」について、昭和二十年十月、当時の宮内次官・加藤進氏に、「この戦争によって祖先からの領土を失ひ、たいへん災厄を受けた。この際、わたくしとしては、どうすればいいのかと考へ、また退位も考へた。しかし、よくよく考へた末、この際は、全國を隈なく歩いて、國民を慰め、励まし、また復興のために立ちあがらせる為の勇気を与へることが自分の責任と思ふ。わたくしとしてはなるべく早い時期に行ひたいと思ふ」と仰せになった。(加藤進氏『昭和天皇の御巡幸』・「聖帝 昭和天皇を仰ぐ」所収)

 

昭和天皇は、國民を鼓舞激励し、祖國の復興を成し遂げるために、昭和二十一年二月二十日より二十九年まで満八年半をかけて、行程三萬三千キロ、総日数百六十五日間の地方御巡幸を行はせられた。それは昭和天皇の「國見」であったと拝する。「國見」とは、國土と國民の祝福し、國土の豊饒と國民の幸福を祈る祭事である。昭和天皇は、敗戦によって疲弊した國土と國民の再生のための「祈りの旅」を行はせられたのである。

 

昭和天皇は、「戦災地視察」と題されて次のやうなお歌を詠ませられた。

 

戦のわざはひうけし國民をおもふ心にいでたちて来ぬ

 

わざはひをわすれてわれを出むかふる民の心をうれしとぞ思ふ

 

國をおこすもとゐとみえてなりはひにいそしむ民の姿たのもし

 

 鈴木正男氏は、「敗戦國の帝王が、その戦争によって我が子を亡くし、我が家を焼かれ、その上に飢餓線上をさ迷ふ國民を慰め励ます旅に出かけるなどと云ふことは、古今東西の歴史に絶無のことであった。アメリカをはじめとする連合軍は、恐らく天皇は國民から冷たく迎へられ、唾でもひっかけられるであらうと予想してゐた。ところが、事実は逆であった。國民は熱狂して天皇を奉迎し、涙を流して萬歳を連呼した。…天皇の激励によってストは中止され、石炭は増産され、米の供出は進み、敗残の焦土の上ではあったが、國民は祖國再建の明るい希望に燃えて立ち上がった。」(『昭和天皇のおほみうた』)と論じてをられる。

 

昭和天皇は、ご生涯をかけて日本國の天皇としての御使命を果たされたのである。それはただただ國民の幸福と平和の実現であった。そして昭和天皇が退位されずそのつとめを果たされたからこそ、戦後日本の復興と國民の幸福があり得たのである。

|

« 千駄木庵日乗十月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64345111

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇はご生涯をかけて國民の幸福と平和の実現を祈られた:

« 千駄木庵日乗十月十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月十四日 »