« 『現行占領憲法』の「天皇条項」について | トップページ | 天照大御神の御心である「清明心」が日本民族の外来文化・文明包摂の精神 »

2016年10月25日 (火)

千駄木庵日乗十月二十五日

午前は、諸雑務。

 

午後十二時半より、大手町のパレスホテル東京にて、「東京国際大學 第5回 国際シンポジウム」開催。倉田信靖東京国際大学理事長・學長が主催者挨拶。
高村正彦氏(衆議院議員)基調講演。ジョセフ・ナイ 氏(ハーバード大学教授)、ヴァリ・ナッサー 氏(ジョンズ・ホプキンス大学教授)、岡本行夫 氏(外交評論家)が講演。この後、パネルディスカッションが行われた。

 

ホテルにはSPが沢山来ていた。フィリッピンのドゥテルテ大統領が、日本在住フィリピン人との交流行事のためにこのホテルに来るようだった。

 

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。原稿執筆。

|

« 『現行占領憲法』の「天皇条項」について | トップページ | 天照大御神の御心である「清明心」が日本民族の外来文化・文明包摂の精神 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64399408

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十五日:

« 『現行占領憲法』の「天皇条項」について | トップページ | 天照大御神の御心である「清明心」が日本民族の外来文化・文明包摂の精神 »