« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »

2016年10月 9日 (日)

國體破壊の深謀遠慮を粉砕せよ

日本國存立と安定の基礎は、神聖君主・天皇の御存在である。いかなる醜い政治権力闘争が行なわれていても、日本国が崩壊せず統一と安定が保たれているのは、皇室の御存在があるからである。

 

日本民族が天皇及び皇室を尊崇する精神を喪失し、天皇の神聖性・尊厳性が冒される時、日本國は崩壊の危機に瀕する。皇室の危機はとりもなおさず國家の危機である。

 

近代の歴史を顧みても、西欧列強のわが国に対する侵略の危機をはねのけた明治維新の大変革は、天皇・皇室を君主と仰ぐ日本國體の明徴化という原理によって断行された。大東亜戦争敗北という亡国の危機も、先帝昭和天皇の無私の大御心によって打開することができ、戦後復興が成し遂げられた。

 

わが国は建国以来、天照大御神の生みの御子・現御神日本天皇を、祭祀主・君主として仰いできた。これが万邦無比のわが日本國體である。国民が、天皇及び皇室を限りなく尊崇し奉ることが、わが國の平和と安定の基礎である。

 

しかし、天皇国日本の國體を破壊あるいは隠蔽せんとする勢力が存在してきたこともまた事実である。天皇・皇室の敵対する者すなわち朝敵・国賊は昔から存在したけれども最終的には悉く天皇・皇室の御稜威に服し、平定された。

 

大東亜戦争の敗北後、占領軍によって行われたいわゆる「民主化」そしてその後続けられた左翼革命勢力、反皇室・反國體勢力による執拗な國家破壊策謀は、日本國を亡國への道を歩ましめる危険があった。しかしそれでも建国以来三千年の國體は破壊されることはなかった。常に世界の平和・国家の安泰・五穀の豊饒・國民の幸福を神に祈られる天皇・皇室に対する国民の尊崇の心は継承され続けてきた。今日、あからさまに『天皇制打倒』などと叫んでも誰も相手にしない。

 

それだけに、天皇を君主と仰ぐ日本國體を破壊せんとする策謀は最近きわめて巧妙になっている。天皇を中心とした國柄を破壊せんとする勢力は、天皇及び皇室への國民の尊崇の心を破壊する事を目的として、皇室の尊厳性・神聖性を破壊する巧妙にして陰湿な画策を続けている。

 

『朝日新聞』など左翼偏向マスコミの皇室報道のあり方は、そうした巧妙な『天皇制打倒運動』=國體破壊策謀である。皇室に対する敬語の簡略化または廃止はその顕著な例である。発行日を、暦を主にし元号を括弧の中に書くようにしたのは、『朝日新聞』が一番先である。『朝日新聞』は反皇室・反日本的姿勢の新聞と断じても何ら間違いではない。

 

『朝日新聞』などのマスコミが、皇室への敬語・尊敬語の使用を止めたのは、國民の皇室への尊崇の心を喪失せしめるための深謀遠慮である。「天皇皇后両陛下」「皇太子同妃両殿下」と書くべきなのに、「天皇ご夫妻」「皇太子ご夫妻」と書いている。ひどいのになると「天皇夫妻」と書いている(『週刊現代』など)。またマスコミ全般の皇室の尊厳性を損なう報道や論説は枚挙すればきりがない。

 

さらに皇室に対し奉り、「天皇御一家」とか「天皇家」と申し上げるのは慎むべきである。なぜなら、天照大神の後裔であらせられ、「姓氏」を持たれない皇室は普通一般の「何某家」ではないからである。

 

わが國は古来言葉を大切なものとして来た。『萬葉集』には「言霊の幸ふ國」「言霊のたすくる國」と歌われている。

 

言葉は単なる意志伝達手段ではない。文化そのものであり人間の生活そのものである。その言葉を乱すことによって日本國體を破壊せんとしているのが『朝日』などの亡國マスコミ・反日マスコミなのである。

|

« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64318668

この記事へのトラックバック一覧です: 國體破壊の深謀遠慮を粉砕せよ:

« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月九日 »