« 「一君萬民」の國體明徴化による國難の打開 | トップページ | 大橋訥庵・梁川星厳の幕府批判と徳富蘇峰の正論 »

2016年10月 3日 (月)

千駄木庵日乗十月二日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆。

この後、施設に赴き、母に付き添う。

帰宅後も、原稿執筆。梁川星厳のことを書いています。

|

« 「一君萬民」の國體明徴化による國難の打開 | トップページ | 大橋訥庵・梁川星厳の幕府批判と徳富蘇峰の正論 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64291178

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二日:

« 「一君萬民」の國體明徴化による國難の打開 | トップページ | 大橋訥庵・梁川星厳の幕府批判と徳富蘇峰の正論 »