« わが國の傳統的な美感覚「もののあはれ」とは | トップページ | 今日に於いて永井荷風の文明批評に學ぶことは多い »

2016年9月 8日 (木)

千駄木庵日乗九月七日

午前は、諸雑務。『伝統と革新』編集の仕事。

午後は、施設に赴き、母に付き添う。

この後、銀座の「ギャルリさわらび」にて開催中の『たまふり 弐――佐々木誠 木彫とドローイング展』参観。神道精神・尊皇精神を彫刻で表現するというまことに意義深い画期的な作品展であった。佐々木誠氏は、先日の「日本の心を学ぶ会」に出席され、初めて知遇を得た。天の岩戸開きや天地生成の神話をテーマにした作品などが展示されていた。会場のあるビルが昭和七年の竣工で、何ともクラシックな建物であった。「ギャルリさわらび」に田中壽幸氏にご説明をいただいた。

帰宅後は、『政治文化情報」の原稿執筆など。

|

« わが國の傳統的な美感覚「もののあはれ」とは | トップページ | 今日に於いて永井荷風の文明批評に學ぶことは多い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64172964

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月七日:

« わが國の傳統的な美感覚「もののあはれ」とは | トップページ | 今日に於いて永井荷風の文明批評に學ぶことは多い »