« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 西洋の国民主権概念は、日本國體とは絶対に相容れない »

2016年9月13日 (火)

千駄木庵日乗九月十二日

朝、宿舎を出発。

 

秩父の國一宮・秩父神社参拝。秩父神社のご祭神は、八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)、知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)、天之御中主神、秩父宮雍仁親王。天之御中主の命は、宇宙根源神であるが、この神を御祭神としている神社は少ない。「身を隠したまひし神」であるからであらうか。秩父神社の由来書には、「北辰妙見として鎌倉時代に習合した神」と書かれている。東京では水天宮の御祭神が天之御中主神である。

Photo

 

西武秩父駅より西武線にて帰京。

 

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

 

この後、施設に赴き、母に付き添う。

 

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 西洋の国民主権概念は、日本國體とは絶対に相容れない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64196141

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十二日:

« 千駄木庵日乗九月十一日 | トップページ | 西洋の国民主権概念は、日本國體とは絶対に相容れない »