« 軍事力の増強と日米軍事同盟強化に反対する者どもは敵性国家の手先である | トップページ | 明治天皇御製とやまと歌の道統 »

2016年8月 8日 (月)

千駄木庵日乗八月八日

午前は、諸雑務。

 

午後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

 

午後三時より、虎ノ門の笹川平和財団ビルにて、『講演会・紛争解決の視角から見た日中の歴史和解』開催。汪錚氏(シートンホール大学平和と衝突研究センターディレクター、ジョン・C・ホワイト外交国際関係大学院准教授)、新井立志氏(国際トレーニング大学平和構築と紛争解決課程 教授)、楊大慶氏(ジョージワシントン大学歴史と国際関係学部准教授)、高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授、公共政策大学院副院長)、呂暁波氏(コロンビア大学政治学教授、バーナード校政治学部主任)、劉傑氏(早稲田大学社会科学総合学術院教授)が討論。質疑応答。

 

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。『政治文化情報』の原稿執筆など。

|

« 軍事力の増強と日米軍事同盟強化に反対する者どもは敵性国家の手先である | トップページ | 明治天皇御製とやまと歌の道統 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/64031683

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗八月八日:

« 軍事力の増強と日米軍事同盟強化に反対する者どもは敵性国家の手先である | トップページ | 明治天皇御製とやまと歌の道統 »