« 都知事選挙結果に思う | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

2016年8月 1日 (月)

今朝思ったこと

北朝鮮の核武装、ロシアによる北方領土の占拠、韓国の竹島占拠、共産支那の軍事力的膨張・尖閣侵略策謀など、わが国をめぐる情勢は緊迫している。にもかかわらず、自主防衛体制確立のための核武装論議を封殺し、日米軍事同盟強化に反対し弱体化を目指す勢力が存在する。鳥越俊太郎はその一人であった。そういう人物が都知事にならなくて本当に良かった。

 

似非平和運動反安保法制運動を行っている連中は、北朝鮮・ロシア・共産支那が何をやっても決して抗議や反対運動を行わない。彼等は事実上北朝鮮や共産支那の手先なのだ。

 

わが國が行うべき真の平和への努力とは、軍事力の増強と日米軍事同盟強化以外にあり得ない。これに反対する者どもは自覚するしないにかかわらず敵性国家の手先と考えて間違いない。

 

「現行占領憲法」前文に書かれている「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持」するということなど全く不可能であり、妄想である事は、今日の世界情勢を見ればあまりにも明らかである。

 

今日の国際社会は「専制と隷従圧迫と偏狭を永遠に除去しようと努めて」なんかいない。むしろ、「専制と隷従、圧迫と偏狭」はますますひどくなっていることは、北朝鮮や共産支那の所業、欧米・中東におけるテロを見れば明々白々である。

 

つまり、「現行占領憲法」前文には絵空事が書かれているのである。こんな憲法は一日も早く破棄しなければ国家の安全と独立は保てない。日本が戦後直接的に戦争の惨禍を受けることがなかったのは、「現行憲法」を無視して、再軍備を行い、日米軍事同盟を締結してきたからである。

|

« 都知事選挙結果に思う | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63996260

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝思ったこと:

« 都知事選挙結果に思う | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »