« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 都知事選挙について »

2016年7月16日 (土)

日本國の頽廃を救う道は日本の伝統的國家観・人間観の回復にある

日本國は権力者の武力によって統一された権力國家ではない。祭り主である天皇の祭祀が及ぶ範囲が広がって行って生まれた國である。古代日本の統一とは祭祀的・信仰的統一であり、日本國の本質は、祭り主・天皇を中心にした國民の精神的な共同體である。農耕生産の共同生活を営む人々の同一の祭祀がその中核である。

 

 したがって、日本という國家の本質は権力者が國民を支配するための機関すなわち権力國家ではないし、日本國の君主たる天皇は、武力や権力を以て國民に命令を下す権力者ではない。また、多数の個人が契約を結んで作った國でもない。さらに、天皇國日本は、世界の多くの國々のような征服や革命によって人為的に成立した國家ではない。だから我が國の國體を「萬邦無比」というのである。

 

 日本という國家は日本人の生きる場であり、日本人が生きる一つの形式でもある。日本という國家を敵視したり、日本という國家を破壊すれば人間が幸福になると考えるのは誤りである。

 

 一定地域で共同生活を営む人々の数が増加すると、共同生活の場である國家が巨大化する。そして人間は、精神的なやすらぎや信頼や安穏や道義精神を追い求める側面とともに、物質的利益や肉體的快楽を追い求め悪事を行う側面がある。また、人間というものは残念ながらお互いに愛し合い信じ合い協力し合うだけではなく、他人より優位に立ちたがり、他者を憎み闘争し果ては殺し合うこともある。

 

 こうしたことを抑制しつつ國家という共同體を秩序あるものとして成り立たせるには、強制力を持った権力機構が必要になって来る。

 

 また、人間が共同生活を営む國家という共同體には、「精神的共同體」という側面と「利益共同體」という側面がある。「精神共同體」とは共同生活を営む人間がお互いにいたわり合い助け合い愛し合い信じ合うという精神的「結び」によって成立する共同體と言っていい。一方、「利益共同體」とは人間が物質的・経済的な利益を共同して獲得し分配する共同體と言っていい。

 

 特に近代産業國家は規模が大きく仕組みが複雑になる。すると、それにともなって國家を運営するために必要な國家権力というものも肥大化する。肥大化するだけでなく、國民を抑圧し圧迫するものとなる場合がある。また、他の國家との闘争・戦争を行う場合もある。また、そこに生きる國民同士の衝突も起こる。

 

 つまり、肥大化し歴史を経過した國家は、人間の生活を守り発展させる有機體(生き物)であるという側面と、國民を圧迫し束縛する側面を持つようになることも確かである。そこで、國家の悪しき側面をできる限り押さえることが大切になってくるのである。

 

 それには國家権力機構の存立の基本をただ「力」に置くだけでなく、道義的正統性というものに置かなければならない。それは國家の尊厳性と言い換えてもいい。それがないとただ國民と対立する暴力機構と化してしまう。國家とは単なる力の支配装置ではなく、その基礎にはその國に生きる國民が等しく正しいと信ずる価値・精神的道統というものがなければならない。

 

 國家も、人間と同様にできる限り、利益追求のみに走らず、共同の道義精神に基づく立國(國の成立)につとめるべきである。そして、ただ利益のみを追求する営利至上主義國家ではなく道義國家の確立を目指さなければならない。 

 

 今日に於いて正しき國家観の確立が行われなければならない。我々國民が愛するべき國、尽くすべき國とは、単なる権力機構でもないし利益共同社会でもない。信頼と正義と愛と真心によって結ばれた精神的道義的共同體なのである。我々は正しき國家観に回帰し、日本國を道義國家として新生せしめねばならない。

 

 永遠の維新を繰り返す日本國は永遠に不滅である。而して、我々の目指す維新とは、國家の日本的変革である。権力國家としての側面のみになってしまっている國家の現状を改革し、天皇中心の信仰共同體としての國家を回復せしめることが今日における國家変革即ち維新なのである。

 

 麗しき日本の自然は破壊されつつあり、人間の命すら科学技術文明・機械文明によって蝕まれつつある。こうした状況を打開するには、真に生命を尊重する精神を國民一人一人が保持しなければならない。そのためには日本人が古来抱いて来た自然の中に神の命を観るという信仰精神を回復することが大切である。戦後七十年以上にわたって、物質至上主義・営利至上主義・快楽主義に汚染され続けてきた日本及び日本國民の頽廃を救うには、日本の伝統精神・國家観・人間観を回復する以外に道はない。

 

|

« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 都知事選挙について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63920974

この記事へのトラックバック一覧です: 日本國の頽廃を救う道は日本の伝統的國家観・人間観の回復にある:

« 千駄木庵日乗七月十五日 | トップページ | 都知事選挙について »