« 維新と和歌 | トップページ | 千駄木庵日乗七月九日 »

2016年7月 9日 (土)

第六十四回日本の心を学ぶ会

愛国運動の目指すものを考える。

  

 

宗教法人生長の家は69日にホームページ上で「今夏の参院選挙において与党を支持しない」とする声明を発表しました。安倍首相の立憲主義を軽視した政権運営や原発の再稼働などが教団の信仰や信念と相いれないことをその理由としてあげられています。続く22日には「不支持政党を追加」として安保法制に賛成し、憲法改正を急ぐ政党とその候補者を教団として支持しないとする声明を発表し各方面を驚かせました。

 

 

生長の家は週刊誌の取材に対し、過去に主張していた「帝国憲法復元は現実無視の妄言」であり、創始者谷口雅春が説いた「大東亜戦争肯定論」「帝国憲法復元改正論」は「歴史的役割を終えた主張」であると答えております。

 

 

 

言うまでもなく生長の家は昭和五十八年に生政連が活動を停止するまで愛国運動において重要な役割をはたしてきました。紀元節の復活や元号法制化などは、愛国運動団体や生長の家をはじめとする愛国的な宗教組織が連携し成し遂げた成果です。そして、ついに悲願である憲法改正の機運も高まってきました。

 

 

 

しかしながら最近こうした愛国運動に対し批判が沸き起こっております。その一つが、「日本会議批判」であると思います、

 

 

 

愛国運動の目指すものが「国家神道の復活」や「戦前への回帰」であり、近代社会の前提である基本的人権や民主主義を否定するものであるという批判です。

 

このような批判は今後「憲法改正」が現実味を帯びてくるにつれてさらに激しさをましていくものとおもわれます。

 

 

 

そこで、今回の勉強会では愛国運動の目指すものについて、改めて考えてみたいと思います。

 

 

 

今回は、一般社団法人日本政策協会理事長の遠藤健太郎先生をお招きして、「救国の提言」という演題で、四宮正貴先生には「愛国運動と宗教、生長の家の変節を考える」という演題で講演していただき、愛国運動が目指すものについて考えてみたいと思います。

 

 

 

【日時】平成28731日(日)1800分より

【場所】文京シビックセンター 3階会議室A

東京都文京区春日1-16-21 東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9

【講演】

「救国の提言」
 講師 遠藤健太郎氏 一般社団法人日本政策協会

 

 

 

「愛国運動と宗教 生長の家の変節を考える」 講師 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所

 


【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

 

この告知文は主催者が作成しました。

 

|

« 維新と和歌 | トップページ | 千駄木庵日乗七月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63889738

この記事へのトラックバック一覧です: 第六十四回日本の心を学ぶ会:

« 維新と和歌 | トップページ | 千駄木庵日乗七月九日 »