« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »

2016年7月28日 (木)

鳥越俊太郎は「売国奴」だが、石原慎太郎は「国賊」ではないのか。

 

 石原慎太郎氏(八十三歳)は七月二十六日、自民党本部で行われた都知事選に立候補している増田寛也氏の各種団体総決起集会に出席し、鳥越俊太郎氏に対して「売国奴だよ、こいつは!」と言った。さらに、小池百合子氏に対しては、「大年増の厚化粧」と言い放った。

鳥越俊太郎が売国奴である事は私も認める。しかし、小池百合子氏に対する言葉は、文字通り誹謗中傷である。先ほども書いたが、小池氏が「大年増の厚化粧」なら、石原氏は「親ばかチャンリン耄碌爺の白髪染め」ではないのか。

石原氏がこのように小池氏を口汚く罵ったことは、かえって小池氏への応援演説になったと思う。石原氏によって野卑にして品格のない攻撃を受けた小池氏に同情する人が増えたのではないのか。

 

さらに言えば、石原慎太郎氏は、『文学界』平成十八年三月号において、「皇室にあまり興味はないね。僕、国歌歌わないもん。国歌を歌うときはね。僕は自分の文句で歌うんです。『わが日の本は』って歌うの」と発言した。

 

 石原氏は、尊皇精神が全くない人物であることは明白である。鳥越は「売国奴」であるが、石原氏は「国賊」ではないのか。

|

« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63976043

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥越俊太郎は「売国奴」だが、石原慎太郎は「国賊」ではないのか。:

« 千駄木庵日乗七月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十八日 »