« 民進・共産両党に勝たせてはならない | トップページ | 古代民族信仰が今日ただ今も脈々と生き続けてゐるのは日本のみ »

2016年6月25日 (土)

千駄木庵日乗六月二十四日

午前は、諸雑務。

午後は、原稿執筆の準備。

病院に赴き、母に付き添う。入院当初よりいくらか快方に向かっているようである。

午後六時半より、カルカディア市ヶ谷にて、『三島由紀夫研究会公開講座』開催。玉川博己代表幹事が挨拶。王明理さん(詩人、台湾独立建国聯盟日本本部委員長)が「台湾の新しい出発と日台関係」と題して講演。質疑応答。大変興味深い講演であった。後日報告します。

160624_1827020001
講演する王明理さん

帰宅後は、資料の整理など。

|

« 民進・共産両党に勝たせてはならない | トップページ | 古代民族信仰が今日ただ今も脈々と生き続けてゐるのは日本のみ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63825276

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月二十四日:

« 民進・共産両党に勝たせてはならない | トップページ | 古代民族信仰が今日ただ今も脈々と生き続けてゐるのは日本のみ »