« 左翼=「共産主義者」「社会主義者」こそ、日本を亡国に導き、日本国民を圧制の下に呻吟せしめようとする者共である | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »

2016年6月 7日 (火)

「違法性はないものの、不適切だった」という言葉について

「違法性はないものの、不適切だった」という言葉はなかなか意味深長である。私もこれまでの人生で「違法性はないものの、不適切だった」行為はしたことがあるだろう。しかし、短時日の間に、元検事から「違法性はないもののも不適切だった」と指摘それるようなことは、舛添氏ほどはしていないと思う。まして、舛添氏は、政治資金の問題でも、政治家の資質や政治姿勢に関しても、他者を度々批判してきた人物である。また舛添氏は、政治学者・国会議員を経て、今は東京都知事である。やはり相応の責任の取り方があると思う。

|

« 左翼=「共産主義者」「社会主義者」こそ、日本を亡国に導き、日本国民を圧制の下に呻吟せしめようとする者共である | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63745125

この記事へのトラックバック一覧です: 「違法性はないものの、不適切だった」という言葉について:

« 左翼=「共産主義者」「社会主義者」こそ、日本を亡国に導き、日本国民を圧制の下に呻吟せしめようとする者共である | トップページ | 千駄木庵日乗六月七日 »