« 高御産巣日神・神産巣日神について | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »

2016年5月28日 (土)

四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十八年六月号のお知らせ

『政治文化情報』は、昭和五十九年創刊以来、小生の論考、時局問題などに関する主張、活動状況の報告、各方面から得た様々な情報などを掲載し、それなりの評価を得て来たと自負致しております。
多くの心有る皆様方のご購読をお願い申し上げます。
見本誌御希望の方はご遠慮なくメールでお申し込み下さい。

メールアドレス m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

購読料
年間 12000
半年 6000

平成二十八年五月号(平成二十七年四月二十五日発行)の内容

 

〈皇都の一隅より〉

 

永井荷風論

 

荷風は近代化によって埋没されつつあった江戸情緒に対する愛惜の念を抱いた

 

荷風の文學精神、強靭なる思索力・創作力の根底に「反近代」「傳統回帰」があった

 

荷風の反近代の基盤は「江戸情緒への愛惜」であり太古以来の日本の傳統ではなかった

 

今日に於いて永井荷風の文明批評に學ぶことは多い

 

千駄木庵日乗

 

宮脇淳子氏(東洋史家・學術博士)「『一八四〇年の阿片戦争で屈辱の歴史が始まる』というのは、中國共産党の正統性を証明するために毛沢東が発明した虚構」

 

ストローブ・タルボット氏(ブルッキングス研究所所長)「ロシアはヨーロッパの土地を自分の物にして返そうとしていない。北方領土も同じ。中國の野望は太平洋をアメリカと二分しようとしている。中國は昔持っていたものを取り返し、朝貢國を復活させたい」

 

劉澎氏(北京普世社會科學研究所所長)「儒教文化は中國の傳統。我々か何者であるかを尋ねると、儒教にたどり着く」

 

簫功秦氏(上海師範大學人文學院教授)「日本は軍國主義なんてあり得ない。中國それを知るべし。日本は多元的社會。中日両國の交流が必要」

 

任剣涛氏(中國人民大學政治學部教授)「他の民族に対する朝貢体系があった。中國の天下という大系。自分たちが優れているので周囲が朝貢するのは当然と思っていた。朝鮮は朝貢していた。日本は一度も朝貢していない。中國は近代の世界観が理解できなかった」

 

周為民氏(中國共産党中央党學校マルクス理論教育研究部主任)「資本・労働力・土地・資源市場では市場メカニズムを発揮できていない。行政によって経済統制が行われている。中國の色々な問題の根本はここにある」

 

華生氏(東南大學経済管理學院名誉院長)「中國と日本は違う発展段階にある。中國は一人あたりの所得も低い。都市化は進んでいない。一九九〇年代の日本より相当低い」

 

田尾憲男氏(皇學館大學特別招聘教授・神道政治連盟主席政策委員)「國體は三つの側面から見るべし。政治的法的國體、精神的文化的國體、地理的自然的國體」

 

 

この頃詠みし歌

|

« 高御産巣日神・神産巣日神について | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/63695097

この記事へのトラックバック一覧です: 四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十八年六月号のお知らせ:

« 高御産巣日神・神産巣日神について | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十八日 »